So-net無料ブログ作成
検索選択

真実の仏教を説く先生は数百年に一人ですが、現在その先生が富山におられます。先生の書物によって皆さんに仏縁を結んでもらい、後生の一大事の解決の入り口になればと思います。

このブログは、作り話を載せているのではありません。
死ねばどうなるか、ハッキリしていませんよね。
もしかしたら、死後は苦しみの世界になるのではないかと
誰もが考えることはあると思いますが、
お釈迦さまは『大無量寿経』で、ズバリ、「必堕無間(地獄)」と教えています。
我々には想像できないほどの大苦悩を受ける世界に
気の遠くなるほどの長年月、堕ちねばならないと説かれているのです。
それは何故か、そしてどうすればそれを解決できるのかを教えるために、
お釈迦さまは地球にお出ましになられました。
このブログは読み飛ばさないことをお勧めします。
無知ほど恐いものはないのです。
(弥陀の本願を知らない、求めないこと自体、あまりに危険です。
人間として生まれて来た意味もわからないまま、畜生と同じ一生を終えますか!?
畜生は仏教を理解する知恵がないから六道輪廻し、永遠に苦しまなくてはなりませんが、
我々人間は弥陀の本願を聞思し、救われて極楽往生できる道があるのです。
だから人間として生まれたということはものすごいことであり、
ボーとして求めるものを求めずに過ごしてしまったら取り返しのつかないことなのです。)

           

天親菩薩 ブログトップ

天親菩薩、「舌を切っておわびします。」 [天親菩薩]

(天親菩薩)
Seshin_Vasubandhu_Kofukuji.jpg-1



「釈迦の説かれた一切経にいかにすごい阿弥陀仏の誓願が説かれていても、
正しく伝えてくださる方がなかったならば親鸞、
阿弥陀仏に救い摂られることはなかったであろう。」
親鸞聖人はインド、中国、日本の七人の高僧のお名前を挙げて、
その広大なご恩に感謝しておれらます。
そのお一人が、インドの天親菩薩です。

七高僧とは、
①龍樹菩薩(インド)
天親菩薩(インド)
③曇鸞大使(中国)
④道綽禅師(中国)
⑤善導大師(中国)
⑥源信僧都(日本)
⑦法然上人(日本)


聖人がいかに天親菩薩を慕われていたかは、
天親菩薩の「親」の字を頂いて、親鸞と名乗られたことでも、
よく分かります。

ちなみに親鸞聖人は、ご幼名を松若丸といわれ、
九歳で出家されてより範宴(はんねん)といわれました。
二十九歳で法然上人のお弟子になられてからは綽空(しゃくくう)、
善信と名を変えられ、三十五歳の越後流刑後、
最後に名乗られたのが親鸞というお名前です。

「この親鸞、天親菩薩のご教導なかりせば、
弥陀の本願に救われることはなかったであろう。
天親菩薩のご恩を忘れることはできない。
皆さんも天親菩薩の教えを聞いてもらいたい」
と正信偈に書き記されているのです。



続きを読む


天親菩薩 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。