So-net無料ブログ作成

真実の仏教を説く先生は数百年に一人ですが、現在その先生が富山におられます。先生の書物によって皆さんに仏縁を結んでもらい、後生の一大事の解決の入り口になればと思います。

このブログは、作り話を載せているのではありません。
死ねばどうなるか、ハッキリしていませんよね。
もしかしたら、死後は苦しみの世界になるのではないかと
誰もが考えることはあると思いますが、
お釈迦さまは『大無量寿経』で、ズバリ、「必堕無間(地獄)」と教えています。
我々には想像できないほどの大苦悩を受ける世界に
気の遠くなるほどの長年月、堕ちねばならないと説かれているのです。
それは何故か、そしてどうすればそれを解決できるのかを教えるために、
お釈迦さまは地球にお出ましになられました。
このブログは読み飛ばさないことをお勧めします。
無知ほど恐いものはないのです。
(弥陀の本願を知らない、求めないこと自体、あまりに危険です。
人間として生まれて来た意味もわからないまま、畜生と同じ一生を終えますか!?
畜生は仏教を理解する知恵がないから六道輪廻し、永遠に苦しまなくてはなりませんが、
我々人間は弥陀の本願を聞思し、救われて極楽往生できる道があるのです。
だから人間として生まれたということはものすごいことであり、
ボーとして求めるものを求めずに過ごしてしまったら取り返しのつかないことなのです。)

           

善導大師 ブログトップ

真実の仏教を明らかにされたのは、善導ただ独りだった。 [善導大師]

(善導大師)
20120322201808.jpg-2


今回は、親鸞聖人が七高僧として尊敬されているうちの、
五番目に挙げられている、善導大師に関してご紹介したいと思います。

七高僧とは、
①龍樹菩薩(インド)
②天親菩薩(インド)
③曇鸞大使(中国)
④道綽禅師(中国)
善導大師(中国)
⑥源信僧都(日本)
⑦法然上人(日本)

EPSON067

善導大師は、大変まじめで、三十年間一度も布団を敷いて休まれることもなく
仏教の勉学に励まれたといわれます。
また、修行の妨げにならぬようにと、
道で女性とすれ違うときは笠で顔を隠された、ともいわれます。

このような善導大師を親鸞聖人は、極楽浄土からヌーッと現れたような方だと、
「大心海化現の善導」と尊敬されています。
(阿弥陀仏の浄土から人類を導くために現れた方)
親鸞聖人のような方が崇敬される、偉大な宗師になられるまでの半生を、
見てみましょう。

●極悪人が救われる道は、ないのか

善導大師は、中国が隋といわれていた年、613年山東省に生まれられました。
当時、隋の政治は腐敗し、内乱が相次いでいました。
そのような社会不安と戦乱を見ながら、大師は成長されたのです。
六一八年、隋が滅び、唐が建国、ようやく長い戦火は治まったものの、
国中は荒れ果て、戦災で家を焼かれた群衆が、路上をさまよい歩いていました。
こうした世の乱れは、幼い大師に安楽な世界を欣求(ごんぐ)させ、
また母親と寺院で見た極楽浄土の絵は、その心を堅固なものにしたのでしょう。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
善導大師 ブログトップ