So-net無料ブログ作成
検索選択

真実の仏教を説く先生は数百年に一人ですが、現在その先生が富山におられます。先生の書物によって皆さんに仏縁を結んでもらい、後生の一大事の解決の入り口になればと思います。

このブログは、作り話を載せているのではありません。
死ねばどうなるか、ハッキリしていませんよね。
もしかしたら、死後は苦しみの世界になるのではないかと
誰もが考えることはあると思いますが、
お釈迦さまは『大無量寿経』で、ズバリ、「必堕無間(地獄)」と教えています。
我々には想像できないほどの大苦悩を受ける世界に
気の遠くなるほどの長年月、堕ちねばならないと説かれているのです。
それは何故か、そしてどうすればそれを解決できるのかを教えるために、
お釈迦さまは地球にお出ましになられました。
このブログは読み飛ばさないことをお勧めします。
無知ほど恐いものはないのです。
(弥陀の本願を知らない、求めないこと自体、あまりに危険です。
人間として生まれて来た意味もわからないまま、畜生と同じ一生を終えますか!?
畜生は仏教を理解する知恵がないから六道輪廻し、永遠に苦しまなくてはなりませんが、
我々人間は弥陀の本願を聞思し、救われて極楽往生できる道があるのです。
だから人間として生まれたということはものすごいことであり、
ボーとして求めるものを求めずに過ごしてしまったら取り返しのつかないことなのです。)

           

あなたも仏さまに褒められる身になれる!!

一切善悪凡夫人(一切善悪の凡夫人)
聞信如来弘誓願(如来の弘誓願を聞信すれば)
仏言広大勝解者(仏は広大勝解者と言い)
是人名分陀利華(是の人を分陀利華と名く)

『正信偈』の冒頭に、
「帰命無量寿如来
南無不可思議光」
“阿弥陀如来に親鸞、救われたぞ、
阿弥陀如来に親鸞、助けられたぞ”
と叫ばれた聖人は、続いてその「弥陀の救い」を
懇ろに明らかにされ、最後に、
「道俗時衆共同心
唯可信斯高僧説」
“すべての人よ、この親鸞と同じように、
早く阿弥陀如来に救われてもらいたい”
と結んでおられます。
『正信偈』を書かれた聖人の目的は、私たちが
「弥陀に救われること(信心決定)」一つであったことが分かります。
今回お話する4行も、その御心は、
「あわれあわれ、存命の中に、みなみな信心決定あれかし」
の外に何もなかったのです。
このことを確認した上で、解説を進めましょう。

まず「一切善悪の凡夫人」とは、「すべての人」のことです。
男も女も老いも若きも、善人も悪人も、私もあなたも、
この中に入らない人は一人もありません。
「どんな人も」ということです。
次に、
「聞信如来弘誓願(如来の弘誓願を聞信すれば)」
と言われている「如来の弘誓願」とは、
「阿弥陀如来の本願」のこと。
本師本仏の阿弥陀如来が、
「すべての人を
平生の一念
必ず助ける
絶対の幸福に」
と誓われているお約束を、「如来の弘誓願」
と言われているのです。
大宇宙には、地球のお釈迦さまはじめ、
大日如来や薬師如来、ビルシャナ如来など
無数の仏方がましまして、

それぞれに本願を持っておられます。
「本願を持つ」とは「約束をされている」ことですが、
中でも、
「すべての人(十方衆生)と、約束する」
と、差別なく誓われているのは阿弥陀如来だけ
ですから、
その「弥陀の本願」を「弘誓願(広い誓い)」と言われるのです。
善人も悪人も、相手を選ばず、「絶対の幸福に必ず助ける」とは、
なんと偉大な誓願ではありませんか。
だからこそ阿弥陀仏は本師本仏、無上仏と仰がれているのです。

EPSON186.jpg-1.jpg
「聞信」とは、露チリ程の疑いも無くなったこと。ですから、
「如来の弘誓願を聞信する」
とは、弥陀の本願通りに「絶対の幸福」に救い摂られて、
「弥陀の本願まことだった、まことだった、ウソではなかった!」
と、本願に疑い晴れたことです。
絶対の幸福とは、いつ死んでも浄土往生間違いない
「往生一定」の身になったこと。
これを「信心決定」とも「信心獲得」とも言われ、
また「獲信」と言われます。
これでお分かりのように、
「一切善悪凡夫人(一切善悪の凡夫人)
聞信如来弘誓願(如来の弘誓願を聞信すれば)」
の二行は、
「どんな人も、
阿弥陀如来に救い摂られたならば」
と言われているお言葉です。

●阿弥陀仏に救われたら、
      どんないいことがあるの?

では、弥陀に救われたら、どうなるのでしょうか。
信心決定すると、何かいいことがあるの?
私たちが知りたいことについて、親鸞聖人は続いて、
「仏言広大勝解者(仏は広大勝解者と言い)
是人名分陀利華(是の人を分陀利華と名づく)」
と明言され、
“凄いいいことがあるのだよ、早く信心決定して、
この幸せよろこぶ身になってもらいたい”
と勧めておられるのです。
ここで「仏」と言われているのは、「十方諸仏」のことです。
先述の釈迦如来はじめ、薬師如来、大日如来やビルシャナ如来など、
大宇宙にまします無数の仏方のことで、
『阿弥陀経』には、東西南北上下のそれぞれの方角に、
インドのガンジス川の砂の数ほど(恒河沙数)の仏方がおられるのだと、
具体的な名前を挙げて紹介されています。
それらの無数の仏さまが、弥陀に救い摂られた人を、
「貴方は『広大勝解者だ』『分陀利華じゃ』と褒め讃えて下される」
と言われているお言葉です。
「広大勝解者」とは仏教の大学者、
「分陀利華」は希にしか咲かない白蓮華のことで、
滅多にない素晴らしいことを表されています。
親鸞聖人はこの4行で、
どんな人も、阿弥陀仏に救われたならば、
大宇宙の無数の仏方から、
『あなたは仏教の大学者だ』『滅多にない尊い人だ』
と称讃される身になれるのだよ」
と言われているのです。

●ほめられると、うれしい

私たちは朝から晩まで、どんなことを考えているでしょうか。
頑張って生きようとするモチベーション(動機)は、
何でしょう。
人それぞれ、いろいろありましょうが、
中でも「褒められたい」、
これが大変強いのではないでしょうか。

評価されたい。実力を認められたい。
若く見られたい。キレイと言われたい。モテたい。
朝起きて、何を着ていくか、誰とどんなことを話すか、
何から何までその行動基準は、
「どうしたら他人からよく見られるか」
が大きいのではないでしょうか。

EPSON187.jpg-1.jpg
そして実際に褒められると、どんな気持ちになるでしょう。
子供に褒められてさえ、気分がよくなります。
「お前なんかにどう言われても、どうってことないよ」
と思っている相手からでも、
またお世辞だとは百も承知でも、
やはり褒められると嫌な気がしないのが、
私たちですね。
まして、自分の尊敬する方から賛辞を頂けばなおさらです。
「よし、もっと頑張ろう!」と元気が出ます。
「どんな困難も乗り越えてゆくぞ」と、
勇気が湧いてきます。
このように、人から褒められることは
凄い元気と勇気の出ることなのですが、
親鸞聖人は『正信偈』のここで、
「阿弥陀仏に救われた人は、
大宇宙の仏さま方から、褒められる身になるのだよ」

と、とてつもないことを仰っている。
「仏さまから褒められるって?どういうこと?」
あまりにも日常からかけ離れているのでピンと来ない、
という人もあるでしょう。
このことは『教行信証信巻』にも、

金剛の真心を獲得する者は、横に五趣・八難を超え、
必ず現生に十種の益を獲。何者をか十と為る

“阿弥陀仏に救われた人は、現在生きている時に、
十種の幸せを頂けるのだ”
と仰っている五番目に、「諸仏称讃の益」を挙げられて、
大宇宙のすべての仏方に、褒められる幸せを頂ける
と言われています。
その褒め言葉は、『正信偈』の「広大勝解者」「分陀利華」の他にも、
お釈迦さまは、
「すなわち我が善き親友なり」
と、「親友」とまで仰ってくださり、
また「上上人だ」「無上人(最高の人)だ」
「妙好人(妙なる好ましい人だ)」「希有人(最高の人)だ」
「最勝人(最もすぐれた人)だ」など、
仏さま方から種々の褒め言葉で称讃されるのですから、
勇気百倍、生きる力が沸々と湧いてくるのです。

弥陀に救い摂られてからの、
あのたくましい親鸞聖人の生きざまは、どうでしょう。
あの強く生きる力と勇気は、
一体どこから出てくるのか、
と首をかしげる人も少なくありませんが、
迷った人間から何を言われても親鸞、眼中にない。
大宇宙の仏さまから褒められる身になったのだからなあ
」と、
この「諸仏称讃の益」に生かされている自覚からに違いありません。

●たくましき生きざま

親鸞聖人の生涯は、波瀾万丈の激しいものでした。
「たくましき親鸞」といわれるそのご一生には、
どんなことがあったのか。
弊社のアニメ「世界の光・親鸞聖人」全六巻に詳しく描かれていますが、
一例を挙げれば、31歳の「肉食妻帯」でしょう。
当時の仏教界では、僧侶には固く禁じられていた「戒律」があり、
中でも大きな2つが「肉食」と「妻帯」でした。
「肉食」とは、生き物の命を奪ってその肉を食べること、
「妻帯」は結婚することです。
出家した仏弟子たるもの、これを犯してはならない。
「肉食妻帯」した者は僧侶ではない。
これが伝統的な仏教であったのです。
その戒律を、聖人は公然と破られ、
肉食妻帯を断行されました。

EPSON188.jpg-1.jpg
当然「あいつは堕落した」「戒律を破った破戒僧だ」と
非難の嵐が巻き起ころう。
だが、肉食妻帯っが十方衆生(全人類)の姿ではないか。
仏の慈悲は苦あるものにおいて偏えに重し。
欲や怒りの煩悩にまみれ、
罪の重い者ほど殊に哀れみたもうのが仏さまではないのか。
まして本師本仏の阿弥陀仏の救いに、
どうして差別があろうか。
肉食妻帯の者が助からない仏教が、
本当の仏教といえるか、
それでは誰も助からないではないか。
「弥陀の本願には老少善悪の人をえらばす」、
男も女も、在家も出家の者も、
あるがままの姿で救われるのが真実の仏教なのだ。

この弥陀の本願真実を明らかにするためならば、
どんな嘲笑罵倒も物の数ではないと、
身をもって示された破天荒の言動が、
親鸞聖人の肉食妻帯であったのです。

案の定、聖人には、仏教界は無論、
一般大衆からも「あれで僧侶か」「堕落坊主じゃ」
「仏教を破壊する悪魔の坊主だ」「仏法の怨敵じゃ」
と非難中傷が浴びせられ、
八方総攻撃の的となられたのでした。
肉食妻帯だけでなく、34歳の三大諍論も、35歳の越後流刑も、
40過ぎから20年間の関東ご布教も、
84には長子善鸞の勘当も、
疑謗の嵐の中たったお一人突き進まれた方が、
親鸞聖人であったのです。
どうしてそんなことができたのでしょうか。
普通は、周囲から非難されれば意気消沈して、
(最近の言葉でいえば)へこんだり、
閉じこもったりするはずのところ、
その勇ましいお姿は、どこから出ているのか。
本師本仏の阿弥陀如来の救いにあずかって、
大宇宙の諸仏方から、
「親鸞、あなたは広大勝解者だ」
「滅多にない白蓮華のような方だ」
と称賛されている自覚から、
迷った人間のどんな罵倒も嘲笑も、
聖人には牛の角を蚊が刺したほどにも思われなかったでしょう。

●弥陀の本願、聞き開けよ

地獄より行き場のない極悪の私が、
弥陀に救い摂られたならば、
どうして大宇宙の仏方からかくも褒められるのでしょうか。
釈迦も諸仏も、その使命は、宇宙の真理「因果の道理」を説き、
三世因果を教え、「後生の一大事」を知らせ、
その後生の一大事解決してくださる方は
本師本仏の阿弥陀仏しかないから、
“阿弥陀仏一仏に向け、本師本仏の阿弥陀仏を信じよ”と、
「一向専念無量寿仏」
を教え勧めること以外にはありません。

そのお勧めどおりに、阿弥陀仏に救われた人は、
“弥陀の弟子になった”ともいえる、
さすれば大宇宙の仏方にとっては、
まさに「我が親しき友」となるのです。
また一切経を身体で読み破った大学者(広大勝解者)であり、
それは滅多にない人(分陀利華)だと、
褒め讃えてくだされるのです。

褒められたい一杯の私たちが、
「仏さまから褒められる身になれるのだよ」
と聞けば、早くそうなりたい、と思いますね。
「親鸞と同じように、阿弥陀仏に救われてもらいたい」
これ以外に、『正信偈』を書かれた目的になかった聖人が、
「誰でも弥陀に救われたならば、
仏さまから褒められる大変な身になれるのだよ。
この親鸞と同じく、諸仏称賛の益を頂ける身に早くなってくれよ。
それには、『如来の弘誓願を聞信すれば』なれるのだから、
弥陀のご本願を聞いて聞いて聞き抜いて、
ハッキリ救い摂られるところまで進んでもらいたい」

と、必死の聞法を勧めておられるのが、
「一切善悪凡夫人(一切善悪の凡夫人)
聞信如来弘誓願(如来の弘誓願を聞信すれば)
仏言広大勝解者(仏は広大勝解者と言い)
是人名分陀利華(是の人を分陀利華と名づく)」
の4行なのです。


nice!(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この命には意味がある [なぜ生きる]

(平成22年6月号のとどろきより載せています) 

 今、日本で介護を必要としている人は、
500万に上り、年々、増加の一途をたどっています。
避けられぬ老いや病、突然の事故などで、
だれもがいつ直面するか分からないのが「介護」です。

ちょうど一年前、本誌で特集したところ、
たくさんの反響を頂きました。
読者の中にも、
今まさに介護に携わっている方が少なくありません。

今回は、親鸞聖人の教えを心の明かりとし、
苦難を乗り越えている皆さんを紹介します。


・・・・・・・・・・・・
最近、全国紙の人生相談に、
60代の主婦が介護の悩みを率直につづっていました。

“10年前から夫は寝たきり。
初めは気丈に介護していたが、
先が見えず、気弱になって大声で泣きたくなる。
この先、どんな気持ちで介護し、
何を支えに生きればいいのか?”

同様の思いを抱く方も多いのではないでしょうか。
昨年6月号の特集では、仕事をしながら、
アルツハイマー病のご主人を介護する
岐阜県のカズコさん(仮名・63)
を紹介しました。
日常の悲喜こもごもをしたために、
「うちんひと(うちの人)」で始まる40もの句に、
“両親を看ていたころを思い出して涙した”
“今、私も同じ気持ちです”
と多くの共感が寄せられました。
作品の一部を紹介しましょう。

うちんひと じぶんだれだか わからない
うちんひと こどもみたいに だだこねる
うちんひと みはなされたわ むかんしん
うちんひと よそみばかりで わたしみて
うちんひと たまにはにっこり にくめない
うちんひと わたしがいれば いいわよね

懸命に世話をしているのに、当の夫は自分に「無関心」。
病のためとは知りつつも、やるせない思いになります。
それでも「私がいればいいわよね」と
気丈に介護されていました。
カズコさんがこの句を投稿して間もなく、
ご主人は入院。
昨年8月に届いたお便りには、

「もっと優しく、いろいろしてあげればよかったと、
一人になって悔やんでいます。
一人になってうれしかったのは最初の一ヶ月くらいでした。
今は毎日が寂しいです」。

肉体的にも精神的にも負担の大きい介護生活ですが、
介護する人もされる人も、
互いに支え合うかけがえのない存在なのです。

そのご主人が昨秋亡くなられ、
悲しみの中、カズコさんは続けて本誌で
仏縁を深めていかれました。

「なぜ生きるか。弥陀の救いにあわせていただくために、
私たちは生まれてきたと分かり、本当にうれしいです。
今までいろいろなことがあったけれど、
『とどろき』に巡り会い、いちばん大事なことが分かって、
ああ、やっと本当の幸せになれた、
そんな気持ちになれてよかったなーと思います」

本誌を知人に贈ったり、アニメ『世界の光・親鸞聖人』シリーズを
毎日のように見たりと、光に向かうカズコさんです。

●「心の休まる時がない」・・・在宅介護の現実

親鸞聖人の教えを心の支えとし、
介護に向き合う読者が石川県におられます。
川田郁恵さんは、20年来の本誌読者。
寝たきりの息子・浩さん(28)の介助に、
日々追われています。
3年前、交通事故で脳に大きな損傷を負った浩さんは、
手足も顔の筋肉も動かせず、
人の世話がなければ生きられません。
朝6時、郁恵さんの一日は、おむつ替えから始まります。
声を失った息子さんに語りかけながら、
体をふき、姿勢を変え、栄養食を胃に流し込む。
午前中の3時間、ヘルパーが来ているうちに、
買い物や家事を済ませます。
週4日は、訪問看護師や作業療法士が来て、
浩さんのリハビリを行います。
「手足を曲げたり伸ばしたり、
リハビリは相当痛いみたいです。
息子はいつもつらそうな息遣いになります」
夕食を取り、夜の10時半にオムツを替えると、
浩さんはやがて眠りに就きます。
しかし夜中も、呼吸器をつけたのどに痰がたまれば、
郁恵さんが機械を使って吸引しなければなりません。
24時間、郁恵さんの心が休まる時間はないのです。

●その日、母子の人生は一変した

事故に遭うまでの浩さんは、
司法書士を目指して勉学に励む真面目な青年でした。
趣味は音楽。
大学時代は軽音楽部でパーカッション(打楽器)を担当し、
仲間にも恵まれ、充実した日々を送っていました。
「盆や正月に帰省してきたと思ったら、
一日でとんぼ返り。
私が聞法を勧めても、『僕には音楽があるからいい』
と反発するんです」
転機が訪れたのは卒業後、実家に戻ってからでした。
家に置いてあった本誌を読み、
“音楽には完成がない。完成のある道を求めたい”
と自ら聞法に足を運んだのです。
それからは、離れた場所へも、自転車で通うようになりました。

平成18年11月。
その日、浩さんはひどく慌てて自転車を走らせていました。
やがて道の向かいに目的地が見えてくる。
車道を横断しようとしたその時、
スピードを出したトラックがすぐそこまで迫ってきた。

事故の知らせを聞いた時、何であの子が?
って思いました。
仏教では「まかぬタネは生えない」と教えられます。
どんな結果にも、必ず原因がある。
それは自分のまいたタネだと。
お釈迦さまがウソを仰るはずはないけれど、
“おっとりした性格で皆から好かれている息子。
何も悪いことなんかしていないのに、
なぜこんな目に・・・・”。
息子の運命を受け入れられませんでした。
いや、正直に言えば、今もそうです。

幾度の難手術に耐え、
一命を取り留めた浩さんでしたが、
脳に大きな損傷を負い、歩くことも話すことも、
音楽を奏でることも二度とできなくなってしまいました。
「でも幸いなことに、仏法を聞く耳は、残してもらったんです」
しかし病院では、他の患者に気兼ねして、
朝晩の勤行も仏法の話も落ち着いてできない。
聞法もできなければ、
ただ空しいだけの時が過ぎるばかり。
「こんなの耐えられない」
事故から1年4ヶ月、郁恵さんはついに決断しました。
在宅介護の道を選んだのです。

自宅なら勤行も仏法の話も心置きなくできます。
私は以前に介護の仕事をして、
ヘルパーの資格を持っているんです。
世話なら私にできる、って家族に啖呵を切りました。
ところがいざ引き取ってみると、
一日のやるべきことをこなすのに精一杯で、
仏法の話をする余裕はない。
ちょっと時間ができると、
自分の体を休めるのが優先になるんです。
“わが子にもう時間がないというのに、
自分がいちばんかわいくて、
息子のことは二の次、三の次。
世話ができるとうぬぼれていた・・・・”
そんな心が見えてきました。

間もなく浩さんのために、
自宅で仏教勉強会を開くことにしました。
日中は『朗読版とどろき』を流しています。
「仏法を聞いた後は、とても穏やかな表情をしています。
目がキラキラ輝いていて、法悦にひたっているみたいなんです」
在宅介護を始めて約2年。
浩さんの顔色も徐々によくなり、
「病院から来たばかりの時は、瞳が小さかった。
今は目から生きようとする意志を感じる。
病人の目じゃないですね」
と看護師やヘルパーが口をそろえて驚いているといいます。
中には、本誌を読み聞かせているうちに、
自分が読みふけってしまう看護師がいるそうです。

体は動かないけれど、
浩は看護師やヘルパーさんに仏縁を与えているんですね。
私も、息子から教えられることばかりです。
今まで、仕事で聞法の時間に間に合わないと
参詣をあきためていました。
しかし、どんなに聞法したくても、
自分では行けない息子の姿に、
健康など種々の縁がそろわなければ、
一度の聴聞のご縁には遇えないのだと分かったんです。
時間の長短じゃない。
気持ちが問題なんだ、と残り10分でも駆けつけるようになりました。
人間はもろいものです。
元気だといっても、いつどうなるか分からない。
今しか仏法は聞けませんね。

●最後の一息まであきらめない

今年3月、郁恵さんがとても驚いた出来事がありました。
事故以来初めて、浩さんが「号泣」したのです。
顔の筋肉を動かせない浩さんは、目を潤ませる程度。
ところがこの日、郁恵さんがベッドの傍らで
本誌を読み聞かせていると、
突然、浩さんの目から大粒の涙があふれてきたのです。
ふいてもふいても止めどなく流れ、
服やシーツを濡らしていきました。
郁恵さんが読んでいたのは、
18年8月号の巻頭特集。
富山の病院で起きた「呼吸器取り外し問題」をテーマに、
命の意味を問う内容でした。

18年の夏といえば、事故の前、
いちばん熱心に聞法に励んでいたころです。
当時もこの号を読んだと思います。
「延命に意味はあるのか」
いざ自分が寝たきりになって、
この問いが、初めてわが身の問題となったのかもしれません。
その特集の終わりのほうに、
「弥陀の救いはハッキリする。臨終息の切れ際でも」
と書かれてある。
命が他人の手にゆだねられている浩にとって、
これが唯一の希望です。

大宇宙の仏方の先生である阿弥陀仏は、
「すべての人を、必ず摂取不捨の幸せにしてみせる」
と誓われています。

「摂取不捨」とは、ガチッと摂め取って決して捨てない、
浄土往生間違いない幸せの身にすること。
それはあっという間もない「一念」で完成します。

この身になるために私たちは生まれてきた、
と教えられているのが仏教であり、親鸞聖人なのです。


覚如上人(聖人の曾孫)は、

「如来の大悲、短命の根機を本としたまえり。
もし多念をもって本願とせば、
いのち一刹那につづまる無常迅速の機、
いかでか本願に乗ずべきや。
されば真宗の肝要、一念往生をもって淵源とす」。
              (口伝鈔)

弥陀の大きな慈悲は臨終の迫っている人でも救い摂れるように、
最悪の人を主眼とされている。
救いは一念で完成する、
だから最後の一息まで絶対にあきらめてはならないよ、
と仰っています。

●人生には目的がある

介護の苦労も、明るい笑顔で語る郁恵さん。
最後に語気を強めてこう言われました。

息子が事故に遭った時、私は絶望しました。
親身に世話をするほど、
最愛のわが子なのに本心は分かってやれない、
心に寄り添うことができない寂しさ、
無力を痛感しました。
私も息子も孤独なんですね。
けれども、阿弥陀仏は絶望しておられません。
私たちの心を分かってくださり、
命がけで必ず助けると誓われています。
すべてに見捨てられても、阿弥陀さまだけは、
この子を最後まで見捨てられない。
そのことがありがたくて・・・。
“なのに、親の私が何を嘆いているんだ、
常に立ち上がっている親でなければ、
こんな体になった息子が浮かばれない”
とまた前向きな気持ちになれるのです。
人生には目的がある、この命には意味がある。
弥陀のご本願あればこそ、
浩も私も生きておれるんです。


nice!(61)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。