So-net無料ブログ作成
検索選択

真実の仏教を説く先生は数百年に一人ですが、現在その先生が富山におられます。先生の書物によって皆さんに仏縁を結んでもらい、後生の一大事の解決の入り口になればと思います。

このブログは、作り話を載せているのではありません。
死ねばどうなるか、ハッキリしていませんよね。
もしかしたら、死後は苦しみの世界になるのではないかと
誰もが考えることはあると思いますが、
お釈迦さまは『大無量寿経』で、ズバリ、「必堕無間(地獄)」と教えています。
我々には想像できないほどの大苦悩を受ける世界に
気の遠くなるほどの長年月、堕ちねばならないと説かれているのです。
それは何故か、そしてどうすればそれを解決できるのかを教えるために、
お釈迦さまは地球にお出ましになられました。
このブログは読み飛ばさないことをお勧めします。
無知ほど恐いものはないのです。
(弥陀の本願を知らない、求めないこと自体、あまりに危険です。
人間として生まれて来た意味もわからないまま、畜生と同じ一生を終えますか!?
畜生は仏教を理解する知恵がないから六道輪廻し、永遠に苦しまなくてはなりませんが、
我々人間は弥陀の本願を聞思し、救われて極楽往生できる道があるのです。
だから人間として生まれたということはものすごいことであり、
ボーとして求めるものを求めずに過ごしてしまったら取り返しのつかないことなのです。)

           

親鸞聖人は、人間は死んだらどうなると教えているのか!? [Q&Aシリーズ]

今回の記事でも分かるように、
人間死ねば何もなくなると気軽に考えて、
生きているうちに死に対する準備を何もしなかったら、
大変なことになるとお釈迦さまは教えられているのですよ。
人間界はあっという間に終わりますが、
死後堕つる苦しみの世界は永遠に続くのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(問)
  親鸞聖人は
    人間死んだら、どうなると
       教えられているか

私は人間の生命活動は、全て物質現象だと思っています。
心も脳が生み出したものであり、
物質以外に「精神」や「魂」があるとは信じられません。
だから死後はないと思いますが、
親鸞聖人はどう教えられているのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(答)
あなたのような考えは、古代からあったもので、
決して珍しいものではありません。
人間の脳は、一千億以上のニューロン(神経細胞)が、
網の目状に結合して複雑なネットワークを形成しています。
唯物論者は心といっても、
この複雑なニューロンの働きにすぎないと主張します。

それに対して、ニューロンの研究で1963年に
ノーベル生理学・医学賞を受賞したエックルスは、
精神世界のすべてをニューロン活動のパタンにより
究極的に説明できる」と唱える唯物論は、
「迷信の部類」に入ると詳細に批判しています
(『脳の進化』)。
そして私たちの心は、肉体が滅びた後も残る
非物質的な不滅の存在だと主張しています。

また、世界的に著名な脳外科医ペンフィールドは、
患者の露出された脳に直接、電気刺激を与えて
何を感じたかを聞くという、特異な実験を繰り返し
二十世紀の脳研究に画期的な成果を残しました。

覆された唯物論

彼ほど生きた脳に触った人はいないといわれたペンフィールドは、
生涯、「心」は全てニューロンの働きで説明できるという
「唯物論」の立場で研究を続けてきました。
しかし最後に彼は、脳と心は別だと考えるほうが、
合理的だという結論に達しています。

脳の神経作用によって心を説明するのは、
絶対に不可能だと私には思える。(中略)
私は、長い研究生活を通じて、
なんとかして心を脳で説明しようと試みてきた。
そして今、これまでに得られた証拠を最終的に検討しているうちに、
人間は2つの基本要素から成るという説の方が
合理的だと考えられることを発見して、
驚異の念に打たれているのである
」(『脳と心の正体』)

ペンフィールドは、私たちの心は、
ちょうど古くなった車を乗り換えるように、
数え切れないほどの「脳」を乗り換えてきたのだろうと、
こう想像しています。
「心は脳にある特定の仕組みの働きと結びついている。
そして、数え切れないほどの世代にわたって、
心はどの人間でもこのように脳と結びついてきたのであり、
心の性格はある世代から次の世代へと
連綿と受け継がれていくことを示す有力な証拠がある」

私の奥にひそむ私

脳の研究に生涯を懸けた第一級の科学者が、
脳だけで心は説明できないと言っています。

世間では、人間の行動を大脳の働きのみに帰結して、
物事を割り切って考える人がありますが、
そんな人は五体が健全で、各器官の働きが正常で単調なために、
その裏側にある自意識を超えた働きを、
のぞきみるチャンスがないからです。
器官の働きを支える背景にまで、
思いが回らないのです。
今日の心理学でいう深層心理より、
もっと深い奥に潜む「本当の私」が分からないからです。
もし人間が、自意識の統制できる範囲のなかでのみ
生きていると思っていられるとしたら、
それは余りにも無知といわなければなりません。
もっと深く生命の実相を学び凝視してください。

私の未来を教える仏法

私たちの肉体は80年か100年の「借り物」ですが、
「真の私」は肉体が滅びた後も、
永遠に続くと仏法では教えられています。

“人間死んだら、どうなるか”
親鸞聖人の答えは、弥陀の救いに値わねば永く苦患に沈みますが、
平生、弥陀に救われれば、必ず、
無量光明土に生まれると常に明快に教えられています。

(無量光明土とは、弥陀の浄土)


nice!(68)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

生まれて来たのは、極楽へ渡す弥陀の大船に乗るため! [親鸞聖人]

親が子を虐待し、子が親を殺める。
自殺幇助で稼ぐ者やら、
遊ぶ金欲しさに簡単に強盗殺人を犯す少年。
目を覆うような事件が、報道されない日はありません。


「いのちは尊い」
と、どれだけ連呼されても、
「私なんかガラクタ」
としか感じられないのは、
「なぜ、尊いのか」
分からないからでしょう。


深い闇にさまよう私たちに、
生命の尊厳を明示された方が、
世界の光といわれる親鸞聖人です。


「生死の苦海ほとりなし
久しく沈めるわれらをば
弥陀弘誓の船のみぞ
乗せてかならずわたしける」


今回は、このお言葉に、
真のいのちの輝きをお聞きしましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生死の苦海ほとりなし


     ーーー空と水しか見えない海に
            放り出されたら、どうしますか?


初めに「生死の苦海」と言われているのは、
私たちの人生のことです。
人の一生は、苦しみの波の絶えない海に、
おぼれ沈んでいるようなものだと、
親鸞聖人は「生死の苦海」と言われています。
「生死」とは仏教で苦しみのこと、
「ほとりなし」とは、果てしないことですから、
「生死の苦海ほとりなし」
とは、人生は苦しみの連続である、と言われているお言葉です。

この世にオギャッと生まれたのは、例えれば、
太平洋の真ん中に放り出されたようなもの。
見えるのは水と空だけとしたら、どうするでしょう。

泳がねば沈んでしまいますから、泳ぎますが、
では、どこへ向かってでしょうか。
島も陸もない。船も見えないのに。
やみくもに泳げば泳ぐほど、陸地や船の方角と反対に進み、
努力が無駄になることもあります。
泳ぐ前に、まずハッキリさせるべきなのは、島がどこにあるのか。
陸地はどこか。船のある方角でしょう。

そこへ向かって泳いでこそ、泳ぐことに意味があり、
「ここまで泳いできてよかった」
と、泳いだ苦労が報われる時が来るのです。
生きる時に一番の大事は、どこへ向かって生きるのか。
「人生の目的」です。

EPSON034.jpg-1.jpg


生きるために、生きるのか


「生きるために生きるのだ」
という言葉に、勇気づけられる人もあるでしょう。
「あなたは生きている、それだけで意味があるんだよ」
と言われれば、救われた気になります。
しかし本当に、それでいいでしょうか。
「何のために勉強しているのですか」
と聞かれて、
「希望の大学に合格するためです」
という答えなら理解できますが、
「勉強するために勉強しています」
では、意味不明です。
「なぜダンス教室に通っているの」
と尋ねて、
「あのステキな先生と踊れるから」
ならわかりますが、
「通うために、通っている」
では、トートロジー(同意語反復)で、
何も言っていないのと同じです。
「生きるために生きる」のは、ちょっと考えれば、
言葉の意味からもおかしいと、誰でも分かるでしょう。
「泳ぐために泳ぐ」

EPSON035.jpg-1.jpg
「とにかく一生懸命泳げばいい」
では、やがて体力尽きて溺死するだけであるように、
生きる方角を知らず
「生きるために生きる」ようなもの。
死ぬほどつらいことはない、と言うように、
私たちが最も恐れ嫌う「死」に向かって生きるのは、
「苦しむために生きる」ことになってしまします。
それでいいと、どうして言えるでしょうか。

ところが、地球上に今、65億人の人がいても、
「まず生きることが大切なんだ」
と、誰も「人生の目的」を問題にせず、知ろうともしていません。
「自殺はダメだ」
と声高に叫んでいる識者も、
「なぜですか」
の素朴な疑問に、納得できる答えを示してはくれません。

それどころか、著名人の自死を賛美する始末。
不可解というほかありませんが、
「人生の目的なんか、考えても分からない」
と、アキラメているのではないでしょうか。


●目的と手段は違う


「いや、私の人生には目的がある。そこに向かって生きている」
という人もあります。
仕事、恋愛、お金、地位、名声、家庭、健康、旅行、趣味・・・などを、
それぞれ「人生の目的」と思ってのことでしょう。
確かにこれらは、それなりの喜びや満足を
与えてくれるに違いありません。
ドキドキ、ワクワク、興奮を味わえることもありますが、
どれだけ続くでしょう。
「人間に生まれてよかった」という生命の歓喜、
不変の満足が得られるでしょうか。
死ぬまで求めても、「求まった」と達成した喜びの、
ないものばかりではないでしょうか。

世界中で、自殺者が絶えません。
ノーベル賞受賞の優秀な人たちも、生涯、
豊かな生活が保障された人も、それでも自ら命を絶つ。
色々な事情があるでしょうが、間違いなくいえるのは、
「幸せではなかったから」でしょう。
ノーベル賞も、人生究極の目的とはいえないようです。
金や財産、地位や名誉、趣味や健康、
これらは「生きる目的」ではなく、
生きるための「手段」。
この「目的」と「手段」の違いを知らず、
混同しているところに、
まことの幸せになれぬ根本原因があるのだと、
親鸞聖人は明言されています。

例えば、お金は使うためにある。
儲けて増やすこと自体が、目的では決してありません。
問題は、お金をどんな目的に使うか、です。
ところが、この平凡な真理に気づかない人が意外に多い。
目的と手段を履き違え、「金を使う」のではなく、
「金に使われる」奴隷になる人が少なくありません。
詐欺も偽装も収賄も、
そのために起きる事件とは言えないでしょうか。


では「生きる目的」と「手段」を、なぜ混同してしまうのでしょう。
真の「人生の目的」を知らないからだと、
親鸞聖人はおっしゃっているのです。


生きる実態は


「生きる」とは、こういうことだと、一休はいいます。

「人生は
食て寝て起きて糞たれて
子は親となる
  子は親となる」

社長だ、教授だ、ニートだ、といっても、
立って半畳、寝て一畳。
基本的にやっていることは、布団の上げ下げであり、
台所とトイレの往復です。
毎日同じことの繰り返しで、代わり映えのしない日常が、
どこまでも続いていく。

EPSON036.jpg-1.jpg
そのうち、どこで覚えたやら子を生み親となり、
やがてその子もまた親となる。
これが「生きる」実態だ、の指摘は、
とても否定できません。
しかも、いつまでも生きておれるのではないと、
一休はまた、

「世の中の
娘が嫁と 花咲いて
嬶としぼんで
 婆と散りゆく」

とも、人生の裸形(らぎょう)を露出します。

女性で一番良い時が、娘時代。
だから娘と言う字は、女偏に良いと書く。
娘が結婚して家に入ると、嫁になる。
嫁さんが、子供を生みますと嬶という。
「女は弱し、されど母は強し」といわれるように、
新婚当時はおしとやかでも、
お母さんになると鼻が高くなりますので、
女偏に鼻と書く。
嬶の次はお婆さん。
額に波が寄ってきますので、女の上に波と書くのだそうです。
これが女性の一生ですが、男性でも呼び名が違うだけで、
すべて同じコースをたどります。
何十億の人がいても、例外なし。
いつまでも娘ではいられませんし、
お婆さんが娘に戻ることはできませんね。
「この間まで自分は娘だと思っていたのに、
もう息子が嫁をもらって孫ができた。
いやぁ、月日のたつのは早いなぁ」
と言っているように、女は、娘から嫁、嫁から嬶、お婆さんへと、
どんどんどんどん進んでいく。

EPSON037.jpg-1.jpg
一休が「婆と散りゆく」と言っているのは、
そうしてみんな死んでいくからです。
その間、歓楽哀情、悲喜こもごもでしょうが、
作家の林芙美子さんは、

「花の命は短くて
苦しきことのみ多かりき」

と歌っています。

医学によって、たとえ10年、20年、寿命が延びたとしても、
あっという間。
一秒に地球を7周り半進む光の速さでも、
百何十億年かかる、という大宇宙の生命に比べれば、
人生80年といっても瞬きする間もありません。
花のように儚い命、一体、何のために生まれてきたのでしょうか。
それが分からぬままの人生の結末では、
悲しすぎます。
これほどの問題が、ほかにあるでしょうか。
地球温暖化、核の拡散、原油価格の高騰、
医療崩壊、鳥インフルエンザ・・・
早急に対処すべき事柄が山のようにあっても、
根底にあるのは「死」の不安です。
あらゆる人間によって、死ぬこと以上の大問題はないから、
これを仏教で「生死の一大事」といわれるのです。

死後は、
  どうなっている?

さて、死んだその先は有るのか、無いのか、
どうなっているのでしょうか。

現代人の多くは、「死んだ後は何も無くなる」と言い、
それを「科学的態度」だと自負しています。
では、わが子や親が死んでも、
「一個体としての生命化学反応が、
止まっただけ」
と割り切れるでしょうか。

「燃焼したら骨と皮。成分のほとんどはカルシウムである」
などと、火葬場で冷静に分析していられるはずがない。

EPSON038.jpg-1.jpg
物質でない何かが、どこかに残っているとしか思えないから、
「千の風になった」と思いたいし、
「冥福」を祈らずにおれないのです。
「冥福」とは「冥土の幸福」のことで、
「冥土」は死後のこと。
故人に向かって
「静かにお眠りください」
「安らかに成仏してください」
と、「死後の幸せ」を願うことを「冥福」を祈るという。
「慰霊」も同じで、死者の霊を慰める行為です。
これらは、死んだ後が有り、
しかも、苦しいのではなかろうかと思うからこそ、
せずにいられないのです。

では、私が死んだらどうなるのか。
死後はあるのか、無いのか、有るとしたら、
どんな状態であるのか。
いずれでも、ハッキリすれば安心できるのですが、
ただ、ぼんやりしています。
この「死んだらどうなるのか、ハッキリしない心」を、
仏教で「無明の闇」といわれ、この
「死後に暗い心」こそが、
人間の苦しみの根元なのだと、
親鸞聖人は断言されているのです。

●「死んだら死んだ時」か?

こんな大きな問題なのに、その「死」を誰も見ようとしない。
避けているのは、どうしたことでしょう。

「未来のことより、今が大事だからさ」
とまことしやかに答える人が、
しっかり「老後」のために貯蓄する。
「年金はどうなる」「介護はどうする」
というのも、老後の問題。
やがて行く道だから、準備せずにいられないのでしょう。
若くして死ぬ人には、老後はありませんが、
死ぬのは百パーセント確実。

とすると、「有るやら無いやら分からない老後」のことは
心配して準備しているのに、
「百パーセント確実な死」は誰も問題にしていない、
ということになります。

火災保険でも、火事には滅多に遭わないが、
それでも、もしもの時のために加入する。
「万が一」の火災になら真剣に対処しているのに、
「万が万」訪れる「死」は想定外に押しやっているのは、
おかしくないでしょうか。

EPSON039.jpg-1.jpg
日頃は“論理一貫性”を重んじながら、です。
「そんなこと考えたって、どうなるもんじゃないよ」
「死んだら死んだ時だ」
と、アキラメてるのでしょう。
何のためにこの世に来たか、死んでどこへ行くのか、
来し方行く末も分からず、悩み絶えない私たちの人生を、
親鸞聖人は、
「生死の苦海ほとりなし」
と言われ、それはこの世の50年や100年の間だけではなく、
果てしない過去からさまよい続けてきたことを、
「久しく沈めるわれら」
とおっしゃっているのです。


弥陀の本願まこと
      親鸞聖人の証言

「生死の苦海ほとりなし
ひさしく沈めるわれらをば
弥陀弘誓の船のみぞ
乗せてかならずわたしける」

そんな古今東西の全人類を、
「弥陀弘誓の船のみぞ
乗せてかならずわたしける」
と、次に宣言されています。
「弥陀弘誓」とは、
「阿弥陀仏の本願」のこと。
「阿弥陀仏」とは、大宇宙に無数にまします
仏方(三世十方の諸仏)の先生であり、
指導者の仏さまなのだと、蓮如上人は、
「弥陀如来と申すは、三世十方の諸仏の本師本仏なり」
             (御文章)
と教えられています。
「本願」とは、誓願ともいわれ、
分かりやすくいうと約束のことですから、
「阿弥陀仏の本願」とは、
本師本仏の阿弥陀仏のなされているお約束のことです。
その内容を、一言で申しますと、

「どんな人をも
    必ず助ける
       絶対の幸福に」

というものです。
私たちの知っている幸せは、
海に浮かぶ丸太ん棒や板切れのように、
やがてひっくり返って必ず裏切る、
金や財、地位名誉などの「相対の幸福」です。
だから不安から離れられない私たちを、
永遠に崩れない「絶対の幸福」に救い摂ってみせる、
という凄い約束
ですから、
親鸞聖人はその「阿弥陀仏の本願」を、
苦海を楽しく渡す船に例えて「弥陀弘誓の船」と言われたのです。

しかも、全く阿弥陀仏のお力によって、
乗せていただく船だから、「乗って」でなく
「乗せて」と言われ、「かならずわたしける」とは、
苦悩の根元である無明の闇をぶち破り、
“いつ死んでも浄土往き間違いない”
大安心の身に救い摂ってくだされるのだ、
ということです。
乗船には時間はかかりません。
何十億分の一秒よりも短い「一念」。
その一念で、弥陀弘誓の船に乗せられた体験を親鸞聖人は、

「誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」
             (教行信証)
“弥陀の本願まことだった。絶対の幸福、本当だった”

と証言され、有名な『歎異抄』の冒頭には、

「『弥陀の誓願不思議にたすけられ参らせて
往生をば遂ぐるなり』と信じて
『念仏申さん』と思いたつ心の発(おこ)るとき、
すなわち摂取不捨の利益にあずけしめ給うなり」
と仰せられています。
「摂取不捨の利益」とは、
“ガチッと一念で摂め取って永遠に捨てぬ不変の幸福”のこと。
生きてよし、死んでよし、こんなもの凄い世界があるぞ、
このために人生だから命は無限に尊いのだ、
早くこの弥陀の大船に乗ってまことの幸せになってくれよ、
と今も聖人は叫び続けておられるのです。


nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「しあわせ」の道しるべ [親鸞聖人]

ふつうに生きる私たちのたった一つの願い。
それは「しあわせになりたい」ということです。
でも、毎日そのために頑張っているのに、
なぜか努力は空回り、と感ずることはないでしょうか。
一体、何を求めたら、「本当のしあわせ」になれるのでしょう。
その答えを教えられた方が親鸞聖人です。
ユウ子さんの事例を通して学んでみましょう。
「しあわせ」の
       道しるべ

EPSON017.jpg-1.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会社と家の往復。代わり映えのしない毎日。
何かが足りない・・・・

「やだ、私泣いてる・・・」
ガラスに映った自分の姿に、ユウ子は慌てて顔をぬぐった。
都内の大手出版社に勤めるユウ子は、40代前半。
ファッション誌の編集を手がけ、数々の流行を生み出してきた。
自立した女性として生きてきた自負もある。
だがこの数年、目に見えて体力が落ち、
若い時のような無理は利かなくなってきた。
仕事への興味も薄れ、先のことを考えると不安になる。
EPSON018.jpg-1.jpg
“私は幸せに向かって生きているのかなぁ”
会社と家の往復。代わり映えのしない毎日。
何が足りないわけではないが、心が満たされない。
そんな心を持て余し、最近はベッドの中だけでなく、
通勤電車でも、ふと涙があふれてくる。
〈生きる意味って、何ですか?〉
ユウ子は、よく見るインターネットの掲示板に問いかけてみた。
すぐにたくさんのコメントがつく。
多くの人が「私も同じ気持ち」と共感してくれた。
こんな回答もあった。
〈生きることに意味なんてない。
生きるために生きるのだと思う〉
EPSON018.jpg-2.jpg

「うーん」
仕事が楽しかった二十代なら、これで満足したに違いない。
だが、今のユウ子を励ます力はなかった。
「なぜジョギングするの?」と尋ねて、
「ジョギングするためにジョギングする」
と答えられてもよく分からない。
「なぜ生きるか」の問いに、
「生きるために生きる」というのは、
「泳ぐために泳ぐ」というのと同じである。
流れに漂う浮草は、あてどもなく行きつ戻りつ、
やがて自ら腐っていく。
“これじゃあ、死ぬために生きているっていうことになるじゃない”
気を取り直し、ユウ子は次の回答に目をやった。
〈死んだら天国。
それまでこの世で自分の魂を磨くのが人生じゃないかな〉
最近はやりの「スピリチュアル何とか」だろうか。
なるほど、この世は修行の場といわれれば
「苦しみにも意味があった」と
少しは慰められるかもしれない。
でも、とユウ子は思う。
死んで本当に天国に行けるのだろうか。
結局死んでみなければ分からないのではなかろうか。
とすれば、生きているうちはどんなに頑張っても、
やっぱり不安を抱えていることになる。
これまでの人生を振り返って、
不真面目に生きてきたつもりもないが、
魂を磨いたかと言われれば、とてもそんな自信はない。
むしろ自分の死について考えると、
ユウ子は暗い気持ちになるばかりだった。
小学生のころは、死ぬのが怖くて眠れなかった。
死んで天国に行けるとは、無邪気に思えそうもない。

EPSON019.jpg-1.jpg
ひととおり読み終え、ユウ子は大きくため息をついた。
「やっぱり答えなんて分かんないか」

EPSON019.jpg-2.jpg
数日後の昼休み。
「ユウ子さん、そんなこと考えてたんだ」
「らしくないでしょ」
休憩室で打ち明けるユウ子に、
同僚は思いがけない言葉を口にした。
「僕、仏教を学んでいるんですよ」
「えっ?」
彼は穏やかな口調で言った。
仏教には、人生の目的が教えられています。
ちょうど、近くで勉強会があるんですけど、
よかったら参加してみませんか
それは「聞法のつどい」という名の、
仏教入門講座だと彼は説明した。
「仏教・・・・」。
遠い記憶を呼び覚まされるような懐かしい響き。
“お釈迦さまの教えよね。聞いてみようかな”と、
素直に思った。

EPSON019.jpg-3.jpg
週末、会場近くのコーヒー・ショップで
2人は待ち合わせることにした。
イチョウ並木が、もうすっかり街を秋色に染めていた。
EPSON020.jpg-1.jpg
●生きる目的
人は何のために生まれ、生きているのでしょう。
なぜ、苦しくても自殺してはならないのか。
すべての人にとって、これほど知りたいことはないでしょう。
生きるということは、歩くことや走ること、泳ぐことや、
飛行機でいえば飛ぶことと同じです。
毎日が飛ぶように過ぎていきます。
この間年が明けたと思ったら、もう11月。
私たちは、昨日から今日、今日から明日へと、
ものすごいスピードで進んでいます。
では一体、どこへ向かってでしょうか。
一休は、
「門松は 冥土の旅の 一里塚
 めでたくもあり めでたくもなし」
と歌っています。
冥土とは死後の世界のこと。
一日生きたということは、
一日死に近づいたということですから、
人生は、死へと向かっての行進であり、
「冥土への旅」といえるでしょう。
年が明けると皆「おめでとう」「おめでとう」と言いますが、
一年たったということは、
それだけ大きく死に近づいたということです。
元旦は冥土の旅の一里塚に違いありません。
私たちは、去年から今年、今年から来年へと、
どんどん歩き、走り、泳ぎ、
飛んでいるのです。
EPSON020.jpg-2.jpg
だれでも、歩く時も、走る時も、
一番大事なのは「目的地」です。
目的なしに歩いたら、歩き倒れあるのみだからです。
ゴールなしに走り続けるランナーは、走り倒れあるのみです。
行く先を知らず飛んでいる飛行機は、墜落あるのみです。
「あそこがゴールだ」と、ハッキリしていてこそ、
頑張って走ることができます。
EPSON020.jpg-3.jpg
「あの島まで泳ごう」と、目的地に泳ぎ着いてはじめて、
「ここまで泳いできてよかった」と、
一生懸命泳いできた満足があるのです。
では、私たちの生きる目的は何でしょうか。
目的を知らずに生きるのは、死ぬために生きるようなもの。
死を待つだけの生ならば、苦しむための一生に終わるでしょう。
私たちは決して苦しむために生まれてきたのではありません。
生きているのでもありません。
人生の目的を知り、達成し、「人間に生まれてよかった!」と、
心からの満足を得るために生きているのではありませんか。
その最も大切な「生きる目的」を
ハッキリと明示してくださったのが、
約800年前、日本にお生まれになった親鸞聖人です。
主著『教行信証』の冒頭に記された、
聖人の言葉をお聞きしてみましょう。

「難思の弘誓は難度の海を度する大船、
無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり」
“人生の目的は、難度海を度する大船に乗ることである”

●難度海とは

ここで聖人が「難度海」といわれているのは、
私たちの人生のことです。
「難度」とは、渡ることが難しい、苦しいということです。
だから、「苦海」ともいわれます。
「生死の苦海ほとりなし」(親鸞聖人)
生きることは本当に大変ですね。
もし皆さんが、見渡す限り水平線しか見えない
海の真ん中にいたら、
どうでしょうか。
例えば、海水浴に来て一人波間に浮かんでいるうちに
沖へ流された。
水面からの視点では、
時にわずかな距離でも陸地を見失うこともある。
慌てて戻ろうとしても、どちらへ向かえばいいか、分からない。
じっとしていれば沈んでしまいますから、
泳がなければなりません。
では、どこへ向かって泳ぐか。
方角がきちんと定まらなければ、
泳げば泳ぐだけ岸から遠ざかることになりかねません。
体力には限りがある。
やみくもに泳げば、それだけ早く泳ぎ疲れて
土左衛門になると思うと、
とても力強く泳げません。
私たちは、生まれた時にそんな海に
放り込まれたのだとはいえないでしょうか。
EPSON021.jpg-2.jpg
今にもおぼれかける我々に、
懸命に泳ぎ方のコーチをしているのが、
政治、経済、科学、医学、倫理、道徳、
スポーツなどといえましょう。
しかし、肝心の「泳ぐ方角」は、だれも教えてくれません。
ただ、
「人生は 食て寝て起きて 糞たれて
子は親となる 子は親となる」
一休さんの言うとおりです。
ビジネスマンなら朝起きて、
満員電車に揺られながらの通勤は、
まさに“痛勤”。
EPSON022.jpg-1.jpg
クタクタに疲れて帰ると、すぐ朝が来る。
毎日は決まった行動の繰り返しで過ぎていきます。
「生きてきて本当によかった」という満足がなく、
来る日も来る日も、「食べて寝て起きて」の反復ならば、
水平線しか見えない海の中を泳いでいるのと同じ。
泳ぐ手に力が入るはずがありません。
しかもこの海には、苦しみの波が、次から次へとやって来ます。
病苦、肉親との別れ、不慮の事故、家庭や職場での人間関係、
借金の重荷、老後の不安。
一つの波を乗り越えて、やれやれと思う間もなく、
別の波がやってくる。
高波にのまれて、おぼれかかっている人、
溺死する人もあります。
EPSON022.jpg-2.jpg
一年前、「美しい国」を目指して華々しく発足した安倍政権も、
年金記録漏れ問題、閣僚の相次ぐ失言や不祥事、
参院選での与党大敗の大波にのまれ、あえなく転覆しました。
(平成19年のとどろきより載せています)
また今年は、訪問介護大手コムスンの不正をきっかけに
介護問題について
改めて考えさせられた人も多いでしょう。
昨年も、こんなやりきれないニュースがありました。

事件は2月1日早朝。
永年、献身的に認知症の母を介護してきた京都市の男性が、
追い詰められた末に母親を殺害し、自殺を図ったのです。
初公判での陳述によれば、男性の父親は10年ほど前に死亡。
その後、母に認知症の症状が出始め、
男性は一人で介護していました。
しかし母の症状は次第に悪化し、
男性は仕事を辞めざるをえなくなります。
ところが、失業給付金などを理由に生活保護は認められず、
平成17年12月には、頼みの失業保険給付もストップしました。
次の仕事も見つからぬまま、カードローンは限度額いっぱい、
デイケア費や家賃も払えない状況に追い込まれた男性は、
1月31日、ついに心中を決意。
最後に車いすの母と京都市内を観光し、
桂川河川敷の遊歩道で、
「もう生きられへん。ここで終わりやで」
と言うと、
母親は、「そうか、あかんか。一緒やで」と答えたといいます。
「すまんな」
それが最後の言葉となりました。
(検察側は)「『母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい』
という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、
刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、
法定は静まり返った」と新聞は、
裁判の様子を伝えています。

作家の林芙美子さんは、
「花のいのちはみじかくて、苦しきことのみ多かりき」
と言い残し、
夏目漱石は、
「人間は生きて苦しむための動物かも知れない」と、
妻への手紙に書いています。
これらの嘆きの声を聞くまでもなく、
「人生は苦なり」
の2600年前のお釈迦さまの金言に、皆、
うなずいているのではないでしょうか。
EPSON023.jpg-1.jpg
一見、楽しげに見える人もありますが、
「ただ見れば 何の苦もなき水鳥の
足にひまなき わが思いかな」(水戸光圀)
の歌のとおり、人もうらやむ才能や地位、
名声を得ていても、本人しか分からぬ悩みを
皆抱えているようです。
社長であれ、著名人であれ、えっ、あの人が、
と思うような人が自ら命を絶ち、
驚かされることしばしばです。
生きることが大変なので、
私たちは何かにすがらずにいられません。
そこで近くに浮遊する丸太や板切れにすがろうとします。
EPSON023.jpg-2.jpg
●丸太や板切れ
丸太や板切れとは、お金や財産、地位や名誉、
健康、恋人、結婚、
子供、マイホームなどを例えたものです。
これらを手に入れて少しでも楽になりたいと皆、
懸命に追い求めています。
EPSON024.jpg-1.jpg
ところが、つかんでやれやれと安堵したのもつかの間、
くるりと丸太がひっくり返り、潮水のんでまた苦しめられる。
これらの幸せは、しばらくの間しか続かないのです。
「いい時」は続かない。
これまでを振り返ってみて、どうでしょうか。
離婚して泣いているのは、
結婚という丸太に裏切られたからです。
わが子に疎まれ悲しむのは、
子供という丸太の裏切りでしょう。
株の投資に失敗し、
お金に裏切られて苦しんでいる人もあります。
「こんな小さな丸太じゃだめだ。もっと大きなものを」
と思って、再び死に物狂いで泳ぎ、
もう少し大きめの丸太をつかんでも、
所詮は浮いたものですから、
やはり、くるりと回転して裏切られます。
一流企業に就職し、バリバリ働いていても、
突然の解雇、左遷の憂き目に遭うこともあるでしょう。

永年、大手スーパー・ダイエーの最前線で活躍してきた
松下登さんの
体験手記を7月号に紹介したところ、
多くの反響がありました。

「24時間、年中無休の精神で飛び回り、
結果、11年に及ぶ単身赴任で家族との生活も犠牲にしました。
もちろん人生を振り返る余裕などありません。
ただ年月が飛ぶように過ぎていったのです。
そんな3年前のある日、
それまでずっと感じていた仕事への充実感が
一気に吹き飛ぶ出来事が起きたのです。
リストラでした。
突然、『役職者に対し、新たに一律の定年を設ける』
という社内通達が突きつけられました。
役職にある者は、退職金を得て会社を去るか、
一従業員として会社に残るか、の選択に迫られたのです。
事実上の解雇通告です。
“会社のために身体を壊すほど頑張った。
家庭も犠牲にしたし、休日も返上して働いてきた。
オレはもっと力を発揮できるはずなのに、何で・・・?”
必死に貢献してきたという自負と、
その会社に裏切られた苦しみやむなしさを感じながら、
退職を選びました。
“冷たいなぁ”目の前の現実を受け止められない日が続き、
自分のことを分かってもらいたい気持ちで苦しみました」

難度海の例えが身にしみたと、
松下さんは語っておられます。

もし人生に目的がなければ、
人は苦しむために生きているようなものでしょう。
仕事や家庭に裏切られ、健康すらも失い、
最後はすべてに裏切られ、
健康すらも失い、最後はすべてに見放され、たった一人、
暗い海底に沈んでいかねばなりません。
「苦より苦に入り、冥(やみ)より冥に入る」(釈尊)
それは求める丸太が悪いからでも、
求め方が足りないからでもない。
変わらない本当の幸せを知らないからです。
EPSON025.jpg-1.jpg

●大きな船
何かにすがっては裏切られ、苦しんでいる私たちに、
親鸞聖人は「絶対に壊れない大きな船があるんだよ」
と教えられています。

EPSON025.jpg-2.jpg

「難思の弘誓は、難度海を度する大船」
苦しみの波の果てしない海を、明るく楽しく渡す大船がある。
この大船に乗ることこそ人生の目的である”
「難思の弘誓」とは何でしょう。
「難思」とは想像もできない、
「弘誓」とは素晴らしい誓いということで、
これは阿弥陀仏の本願のことです。
この本願の船に乗ったならば、
裏切りのない「絶対の幸福」になれるのです。
親鸞聖人は、その世界を、「無碍の一道」と
『歎異抄』に言われています。
そしてこの船は、弥陀の浄土へ往く大船ですから、
乗船すれば、いつ死んでも浄土往生間違いない身に
ハッキリ定まります。
まっ暗がりの人生が、光明輝く浄土への楽しい航海に、
ものの見事に大転換、
「人間に生まれてよかった!
この身になるために人生だったのか」
と、人生の目的がここで鮮やかに知らされるのです。
親鸞聖人は、29歳の時、この大船に乗ったぞ!と告白され、
800年後の私たちに声を限りと叫んでおられるのです。
「おーい、人生を明るく楽しく渡す大きな船があるぞー!
早く、乗ってくれよ」と。
●人生の目的。それは、
“決して裏切らない幸福”
講演を聞きながら、
ユウ子は自分のたどってきた道のりを思い出していた。
厳しかった父。いじめに遭った中学時代。
7年間つきあった彼との別れ。
初めて女性管理職に抜擢された喜び。
振り返れば、夢のようだ。
丸太や板切れにすがっては裏切られ、
私はどこへ向かっているのだろう。
この先、どんなものを手にしようが、きっと同じに違いない。
「人生に目的がある。難度海を度する大船がある。
絶対変わらない幸福がある」
親鸞聖人の断言が、うれしかった。

EPSON026.jpg-1.jpg
終了後、同僚が言った。
「生きるって、確かに大変ですよね。
でも、生きる目的を知った人の苦労は、
必ず報われる苦労です。
だからお釈迦さまは、
『生きる目的を知らずに100年生きるより、
人生の目的に向かって一日生きるほうが、
はるかに優れている』
と言われているんですよ」
うなずきながら、ユウ子は答えた。
「何か少し、分かりかけてきた気がするわ。
それで一つ聞きたいんだけど、
この船にはどうすれば乗れるの?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(体験手記)
ため息の人生に
   サヨナラ
泳ぐ方向が分かった

愛知県 岩水 清子さん(仮名)
  「人生は苦しみの海」という例え話に引かれ
仏法を聞くようになりました。

人間関係や仕事のちょっとしたトラブルで、
つらいと思うことがよくありました。
カッコいい生き方しているねと言われたいのに、
現実はささいなことで苦しんでいる。
ため息ばかりの毎日が嫌でした。
現状を打破したくて、最初は占いや風水にはまりました。
“黄色いものを西に置けばお金が入る”
などと言われるとおりにしても、
これといった変化はありません。
運を当てにするのではなく、もっと自分の能力を高め、
心を変えれば生きやすくなるのでは、と思うようになりました。
心理学や自己啓発について
インターネットで調べるようになったのです。
“プラス思考ですべてがうまくいく”
“イメージトレーニングで思い描いたとおりの人生を”。
ホームページには、魅力的な文字が並びます。
これはと思うものは何でも試してみました。
ところが、前向きに考えて一時は心が軽くなったように思っても、
後から嫌なことが次々と起き、ため息の生活に逆戻り。
イメージトレーニングも、
具体的な将来の夢がなければ思い描くことができません。
何かが違う、もっといいものがあるはず、
と納得の行くものを探し続けました。
ある日、いつものようにホームページを調べていると、
「なぜ生きる」という言葉が目に留まりました。
EPSON027.jpg-1.jpg
「なぜ生きる?そんなの考えたことないし」と思いつつ、
なぜかボタンをクリック。
すると画面いっぱいに文章が出てきて、面食らいました。
しかしその中に「幸福」の二文字を見つけたのです。
これを読まないと、この先ずっと幸せになれない気がして、
冒頭からじっくりと読み始めました。
そこに書かれていたのが、
親鸞聖人の教えられた「海のたとえ」だったのです。
次から次へと来る苦難の波に、何かにすがろうと、
海面に浮かぶ丸太や板切れを懸命に求める。
やっとつかんだと思ってもクルリと裏切られて
潮水のんでまた苦しむ。
丸太や板切れとは、お金や地位、
健康や恋人のことと書かれていました。
「えっ、今まで苦労して手に入れようとしてきたものは、
みんな丸太や板切れなの?」
釈然としない気持ちでしたが、文章の終わりにあった
「永遠に崩れることのない絶対の幸福の身になれる。
それが生きる目的です」
という言葉に引かれ、
ホームページの作者にメールを送ることにしました。
「本当の幸せになりたいですか?その答えは仏教にあります」
の返信に、とても驚いたのを覚えています。
その後2、3回メールのやり取りをして、
勧められた仏教講座に足を運んでみました。
意外にも同年代の女性が多く、
「皆人生を真面目に考えているんだ」と感心しました。
EPSON027.jpg-2.jpg
親鸞聖人のお名前も知らなかった私が、
み教えを聞かせていただくようになり3年がたちます。
だれもが幸せになりたいのに、
その答えを聖人が明らかにされていると知らないから、
丸太や板切れがすべてとしか考えられません。
私も機会を見つけて、友人たちに仏教の話をしています。

nice!(63)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

死を考えずに明るく生きたいという人生観は間違いか? [なぜ生きる]

●死を考えずに明るく生きたいという人生観は間違いか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのような人生観を持っている人がほとんどでないでしょうが、
真面目な人生観とはいわれません。
「今までは他人が死ぬぞと思いしに、
俺が死ぬとは、こいつたまらん」
と泣いて死んだ医者があったそうです。
人間一度は死なねばならない、
とはだれしも一応は合点しているのですが、
「自分の死」に直面した時は、動物園で見ていたトラと、
山中で突如出会ったトラほど違うのです。
EPSON067.jpg-1.jpg
「一度は死なねばならぬことぐらいは、分かっている」
と言いますが、
それは「他人の死」であって「自分の死」という大問題については、
千里先の雷か百里先の馬が転んだほどにも、
考えてはいないのです。
もちろん、戦場とか大ゲンカで極度に興奮している時は、
平気で死ねるようにみえますし、
難病で死の宣告を受けた患者の中には、自殺する人もいますが、
あれは極度の興奮で一時気が狂っているか、
死を恐れるのあまり自分から死んでしまうのです。

四十七士の討ち入りで有名な大石内蔵助は、
腹を開き短刀は握ったが、
手が震えて腹に突き刺すことができなかった。
介錯人が見るに見かねて、彼の輝かしい名声を傷つけまいと、
大石の切腹の前に首をはねた、といわれています。
「手を一つ打つにつけても討つという、敵のことは忘れざりけり」
の執念が実って、吉良邸に討ち入った時の大石には、
死は眼中にはなかったでしょうが、
そのような激情は続くものではありません。
シェークスピアは『尺には尺を』の中で、
「死ぬのは怖いことだ」
と、クローディオに叫ばせ、
ユーゴーは『死刑囚最後の日』の中で、
「人間は不定の執行猶予期間のついた死刑囚だ」
と、言っていますが、すべての人間の悲劇は
遅かれ早かれ死なねばならないところにあります。
核戦争が怖い、公害が恐ろしい、食糧危機だ、
交通戦争だと騒いでいても、
所詮は死が怖いということではありませんか。
死という核心に触れることがあまりにも恐ろしすぎるので、
それに衣を着せ和らげたものと
対面しようとしているにすぎません。
しかしどんなに死を考えないように、
明るく生きようと努めてみても、
必ずやってくる「自分の死」から、
完全に目を背けることはできません。
麻酔薬は一時苦痛を和らげ、ごまかしてはくれますが、
麻酔がさめたら苦痛と対面しなければならないように、
やがて私たちはどんなことをしてもごまかすことのできない自分の死と、
自分だけで対面しなければならない時が、必ず来るのです。

ではなぜ死が恐ろしいのか。
それは、
「死んだらどうなるのか」
という未知の後生に入っていく不安があるから恐ろしいのです。
これを仏教では、「暗い後生」といい、
「一大事の後生」といいます。
親鸞聖人は、
「一たび人身を失いぬれば万劫にも復(かえ)らず。
徒に(いたずらに)後悔を胎す(のこす)ことなかれ」
            (教行信証)
と教え、それゆえに蓮如上人は、
「あわれあわれ、存命のうちに皆々信心決定あれかしと
朝夕思いはんべり」
と、この一大事の後生の解決(信心決定)を急げと
叫び続けておられます。
この魂の解決をして、
死んでよし生きてよしの無碍の大安心へ雄飛しない以上、
あなたの求めていられる光明の人生は開かれません。
一切の人生苦の根源である死の解決こそ
一生参学の大事であり、
全人類究極の目的なのです。
しかもそれは、真実の仏法、阿弥陀仏の本願力によらなければ
絶対に果たし得ない難中之難の大事です。
この一大事の後生の解決のできうる唯一の道を教える
真実の仏法を求めて、
真に明るい人生を心行くまで味わってください。


nice!(78)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

親鸞聖人の教えは「弥陀の本願まこと」が原点 [親鸞聖人]

誠なるかなや
摂取不捨の真言、超世希有の正法、
聞思して遅慮することなかれ
       (親鸞聖人・教行信証総序)
まことだった!まことだった!
弥陀の誓い、ウソではなかった。
みなみな、聞いてもらいたい、この親鸞が生き証人だ。
早く、弥陀の誓願まことを知ってもらいたい。

今回も、この親鸞聖人のお言葉を解説いたしましょう。
最初に親鸞聖人は、
「誠なるかなや」
と言われ、
「まことだった」
「本当だった」
と仰っています。
何が、まことだったのか。
それは「摂取不捨の真言」です。

「摂取不捨の真言」とは、「阿弥陀仏の本願」のこと。
「阿弥陀仏の本願」は、大宇宙最高の仏・本師本仏の
阿弥陀仏が誓われたお約束で、
『歎異抄』冒頭に「弥陀の誓願不思議」と著され、
『正信偈』には「(阿弥陀)如来の弘誓願」とあります。
それは、
“どんな人も、必ず絶対の幸福に救う”誓いです。

この不思議な弥陀の誓いに疑い晴れた聖人が、
「弥陀の本願まことだった」と仰っています。

「弥陀の本願まこと」
これが親鸞聖人の原点なのです。

最大の誤り

ところが、最も大切な聖人の原点が、
これまで多く誤解されてきました。
一例を挙げると『歎異抄』第二章のお言葉、

弥陀の本願まことにおわしまさば、
釈尊の説教、虚言なるべからず

の理解は大変誤られています。
もしも本願が、まことであるならば」
と「仮定」で解釈されているのです。

仮定では、アテにならない。
「本願まこと」と、ハッキリしなければ安心できません。
こんな話があります。

ある寺が、布教使を招き、浴室へ案内した時のこと。
昔のことですので、入浴時には湯加減を尋ね、
熱ければ水を運び、ぬるければ、たかねばなりませんでした。
程よい時を見計らって、湯加減を聞くと、
「これでいいでしょう」
と、布教使。
「でしょう」
では、困る。そこで重ねて、
「布教使さん。湯加減だけは遠慮は無用。
ハッキリ仰ってください」
と催促しても、
「これでいいでしょう」
と曖昧な返事。この布教使、
湯加減も分からんのかと不安に思った住職が、
戸のスキ間からそっとのぞき、納得した。
フンドシのヒモがもつれて脱げず、
ブルブル震えながら、まだ風呂へ入っていなかったのだ。

EPSON054.jpg-1.jpg

熱いか、ぬるいか、ザブンと湯につかったら子供でも分かるが、
入っていなければハッキリしません。
湯加減でさえ、お湯に入れば明らかに知られる。
阿弥陀仏に絶対の幸福(往生一定)に救われたならば、
誰よりも本人がハッキリいたします。

もし、死ぬまで救われたのやら救われていないのやら、
ハッキリしないとすれば、一体、いつ安心できるのか。
「疑うまんま助けてくだされるのが阿弥陀仏」
「もう助かっていると私は感じています」
というような、
ハッキリしないものが阿弥陀仏の救いではありません。

往生一定と火に触ったよりもハッキリしますから、
大安心できるのです。

「弥陀の本願まこと」
これが親鸞聖人の原点である、教えの根本なのですから、
決して、「本願まことにおわしまさば」を、
「本願まことならば」と「仮定」で解釈してはならないのです。

本願寺の門主が明言

そんな中、本願寺の門主(最高責任者)が
この春に本を出版しました。
帯には、「門主・最後のメッセージ」と謳っています。
この6月に門主を退任されますので、
最後に言い残したいことなのでしょう。
その中に、注目すべき発言がありました。
『歎異抄』第二章の「弥陀の本願まことにおわしまさば、
釈尊の説教、虚言なるべからず」のところを、
「『阿弥陀如来の本願がまことであるから、
釈迦如来が説かれたことは嘘ではない』、
『阿弥陀如来の本願がまことであるから、
釈迦如来はそれを説かれたのだ』」

          (いまを生かされて)
と、二回も「断定」で強調されていたのです。

今回、門主自身が、仮定で解釈されていた誤解を翻し、
「本願がまことであるから」と断定された意義は
極めて大きなものです。
親鸞聖人のみ教えを学ぶ人たちに、
大きな影響を与えることでしょう。

EPSON055.jpg-1.jpg

ハッキリするのが弥陀の救い

「弥陀の本願まことにおわしまさば」は、
「弥陀の本願まことだから」という明らかな「断定」です。
「誠なるかなや 摂取不捨の真言」(教行信証総序)
の聖人の明言どおり、
弥陀の本願に救われたらハッキリいたします。

蓮如上人も『御文章(御文)』に、
他力の信心ということをば今既に獲たり、
今こそ明らかに知られたり
」(二帖目十三通)
と仰っています。
「他力の信心を獲た」とは、
弥陀の本願に救い摂られたことですから、
「今そこ明らかに知られたり」とハッキリするのです。
ハッキリするのが間違いなら、
親鸞聖人も蓮如上人も間違いになります。

それどころか「明信仏智」と教えられたお釈迦さまも
間違い者になります。

皆、「助かったらハッキリする」と教えられているからです。

EPSON056.jpg-1.jpg

事は生死の一大事。
阿弥陀仏に救われてハッキリしなければ、
往生一定の決定心もなく、安心はできません。
大安心のない救いは、阿弥陀如来の救いではありません。

アニメーション映画『世界の光・親鸞聖人』第一巻には、
こう描かれています。
不思議なるかなや、不思議なるかなや。
弥陀五劫思惟の願は、親鸞一人がためなり」
「多生にも、値い難き本願力に、今値えたり。
億劫にも、獲難き真実の信心を、今獲たり」
「本願、まことだった。まことだった

聞思して遅慮することなかれ

では、「弥陀の本願まこと」とハッキリするには、
どのような道を進むのでしょう。

親鸞聖人は、「聞思して遅慮することなかれ」
と教えられています。

「聞思」とは、「聴聞」のこと。
聴聞とは、
「阿弥陀仏の本願に、疑心あることなし」
と聞きひらくさまで、聞き抜くことです。

『正信偈』には、

聞信如来弘誓願  (阿弥陀)如来の弘誓願を聞信す

と教えられています。
その『正信偈』の最後の言葉は、

唯可信斯高僧説  唯、斯(こ)の高僧の説を信ずべし

です。

「唯」とは、「たった一つ」「これしかない」ということ。
「斯(こ)
の高僧」とは、弥陀の救いを正しく伝えてくだされた、
インド・中国・日本の高僧方。
すなわち、インドの龍樹菩薩・天親菩薩、
中国の曇鸞大師・道綽禅師・善導大師、
そして日本の源信僧都、法然(源空)上人です。

EPSON057.jpg-1.jpg
これら七高僧の教えを、信じてくれよ」
と親鸞聖人はお勧めなのですが、
七高僧の教えといいましても、
「弥陀の本願」以外にありません。

ですから、
「唯、斯の高僧の説を信ずべし」
とは、
「ただ弥陀の本願を聞信するほかに、助かる道はない」

「決して、親鸞が勝手に言っているのではない。
あの偉大な七高僧方が、
口をそろえて教えられていることなのだ。
こんな広大無辺な世界があるぞ、
絶対の幸福があるぞ。
弥陀の本願まことをまこととハッキリ知らされるまで、
聞き求めていただきたい。それが親鸞の願いなのだ

との御心です。
親鸞聖人が最もお喜びになることは、
阿弥陀仏の本願を真剣に聞き求め、
聖人と同じく絶対の幸福(往生一定)に
救い摂られること以外ありません。

「本願に疑心あることなし」と
ツユチリの疑いもなくなるまで、聞法精進いたしましょう。


nice!(82)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

弥陀から逃げ回っている者とは、誰か? [阿弥陀仏]

誠なるかなや、
摂取不捨の真言、超世希有の正法、
聞思して遅慮することなかれ
       (親鸞聖人・教行信証)

まことだった!本当だった。
弥陀の誓願にウソはなかった。
みなみな、聞いてもらいたい、この親鸞が生き証人だ。
早く、弥陀の誓願まことを知ってもらいたい。

今回も、この親鸞聖人のお言葉を解説いたしましょう。
ここで親鸞聖人が「摂取不捨の真言」と言われているのは、
阿弥陀仏の本願」のことです。

大宇宙にガンジス川の砂の数ほどまします
諸仏方の師・阿弥陀仏が誓われたお約束
で、
『歎異抄』冒頭には「弥陀の誓願」と著されています。
それは、
“どんな人も必ず絶対の幸福に救う”
誓いです。

絶対の幸福にガチッと摂め取って捨てぬ、
という弥陀の真実のお言葉
ですから、
親鸞聖人は「摂取不捨の真言」と言われているのです。
摂取の「摂」は、逃げ回っている者を、
追いかけ、逃げ場のないところまで追いつめて救うこと

と述べてきました。
“逃げ回っている者”とは、
弥陀の本願を疑い続けている者のことです。

EPSON050.jpg-1.jpg

そう聞きますと、
なるほど。あの人は、仏法のお話に誘っても断ってばかり。
確かに逃げてるなあ

とか、
夫は、地域の催し物や映画なら一緒に行くけど、
仏法は聞こうとしない。
うちの人も逃げ回っている

と、他人事のように思われるかもしれません。
しかし、阿弥陀仏は、
すべての人を「仏法を疑い、逃げ回っている者」と仰るのです。

「えっ!どうして仏法を聞いている私が?」
と認められない心が出てくるでしょう。

実は、その「私は阿弥陀仏を信じている。疑っていませんよ」
という心そのものが、疑い、逃げ回っている姿なのです。
なぜでしょうか。

信じる心も念ずる心もないのが私たち

阿弥陀仏は、
「すべての人は、煩悩具足で罪悪深重、
まことの本願を信ずる心も念ずる心もない」
と私たちを見抜かれています。

まことの心がカケラでもあれば、
そのまことの心でまことの本願を信ずることもできましょうが、
骨の髄まで煩悩に染まり切った私たちには、
まことを信ずる心は全くありません。

ゼロなのです。
だからこそ弥陀は、「信ずる心も、念ずる心もおこしてみせる」
と誓われています。

蓮如上人は、こう言われています。

信ずる心も念ずる心も、
弥陀如来のご方便より発さしむるものなり

          (御文章二帖目一通)

阿弥陀仏は、私たちを“煩悩の塊”、
つまり“不実の塊”だと見られている。
不実の者は、不実のことは信じても、
真実をはねつける。
それなのに「いや、私は阿弥陀さまを信じている」
とうぬぼれています。
それは「阿弥陀仏は、素直に信じている私をご存じないのでは」
と無上仏(阿弥陀仏)を疑っている心です。
弥陀の本願を疑い、背を向けて逃げる私たちは、
迷いながら迷いに気づかず、
疑いながら疑っていることに気づきません。
逃げ回って堕ちていく先は地獄。
何と哀れな者よ、とても見捨ててはおけぬと、
弥陀は何とか助けてやりたいと私たちを、
追いかけ回し、引っ捕らえて、
浄土往生間違いない身(絶対の幸福)に救ってくださるのです。

EPSON051.jpg-1.jpg

苦しみがやまない原因は?

阿弥陀仏の本願を疑う心のみを「疑情」といいます。
人や物を疑う心とは違います。
この「疑情」こそが苦悩の根元だと親鸞聖人は、
こう教示されています。

還来生死輪転家(生死輪転の家に還来することは)
決以疑情為所止(決するに、疑情を以て所止と為す)
                               (正信偈)

まず「生死輪転の家に還来する」からお話しましょう。
安心、満足というゴールのない円周を、
限りなく回って苦しんでいるさまを、
「生死輪転」とも、「流転輪廻」ともいわれます。
私たちは車の輪が回るように、
同じところをグルグル回り続けている。
そんな一生をトンチで有名な一休さんは、
こう歌っています。
「人生は
食て寝て起きて 糞たれて
子は親となる 子は親となる」
食べたら出す。
出しては食べる。
台所と便所の往復です。

EPSON052.jpg-1.jpg
疲れた体を横たえたら、もう朝。
寝ておりたい。けれど仕事がある。
せわしなく一日が過ぎ、気づけばもう寝る時間。
布団の上げ下げの人生は、
まさに同じことの繰り返しではないでしょうか。
来る日も来る日も、「食て寝て起きて」の反復ならば、
「生まれてきてよかった」の満足などあろうはずがありません。

そうやって親になり、生まれた子供もまた、
おなじように親になる。
天下人、家康でさえ、
「人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くがごとし」
と告白しています。
苦しみの重荷を下ろせず、
果てしない流転の道(遠き道)を歩き続ける人生だった、
との嘆きです。
苦しみは、なぜ、やまないのでしょうか。

私はもう、釣りをしているよ。

「どんな和歌でも、これを下の句にすれば、
皆、納得する」
と室町時代の歌人がいう。
その言葉とは「それにつけても金の欲しさよ」。
試しに一つ。
「朝夕の飯さえこわし やわらかし 
それにつけても金の欲しさよ」
現代でもしきりに、
「もっと金があればなあ」の嘆きが聞こえてきます。
他にも、「マイホームが欲しい」
「もっと認められ、出世したい」
「恋人さえできれば」などなど。
ほとんどの人が苦しみの原因をそこらに見定めて、
それを得ようと、懸命に努力しているが、
果たして幸せになれるのでしょうか。
考えさせる小話があります。

レマン湖のほとりでスイス人が釣りをしている。
ところが全く釣れない。
しばらく見ていた日本人が、
「釣れませんね。いっそ底網をかけてバーッと取ったらどうです」
と提案した。
「底網かけて捕ってどうする」
とスイス人。
「市場で売れば大もうけできる」
「儲けてどうする」
「景色がいいからこの辺の別荘を買えばいい」
「別荘を買ってどうする」
「のんびり釣りでもすればいい」
すると、スイス人。
「私はもう、釣りをしているよ・・・」

EPSON053.jpg-1.jpg

フィギィア・スケートの女王と持てはやされたキム・ヨナ選手。
オリンピック後のインタビューで、試合後に見せた万感の表情を
「ずっと我慢してきたことが涙となってあふれ出た」と説明した。
我慢してきたこととは?続けてこう語った。
「スケートを見るのも嫌になって随分たつ」
「競技や、翌日の練習の心配なく生活できること、
軽い気持ちで未来を考えて生活できるだけで今は快適」
「(パンなど)もう好きなだけ食べることができる」
世界トップアスリートが涙を流すほどの喜びは、
“普通の生活ができる”こと。
レマン湖の例になぞらえるなら、
こう言えるかもしれない。
「普通の生活なら、もうしてるよ」

今日、日本で最も権威ある文学賞の一つ「芥川賞」は、
芥川龍之助の業績をたたえて創設されたものですが、
芥川自身は「人生は地獄よりも地獄的である」(侏儒の言葉)
と胸のうちをさらけ出し、最後は自殺しています。
35年の一生でした。
文豪・夏目漱石も
「人間は生きて苦しむ為めの動物かもしれない」
と妻への手紙に本音を漏らしています。
金や地位、名声などを得ても、
苦しみはやみません。
人間の苦悩の根っこはもっとずーっと深いのです。

家を離れて生きられないように、
離れ切れない苦しみを親鸞聖人は「家」に例え、
「終わりなき苦しみ」を
「生死輪転の家に還来している」
と言われています。

親鸞聖人の明答

では、人生を苦に染める元凶は何でしょう。
親鸞聖人の解答は、驚くべきものです。
「決するに、疑情を以て所止と為す」
「疑情ひとつ」と断言される。
「決するに」「所止と為す」の断定には迷いがありません。
和讃にも、
「流転輪廻のきわなきは 疑情のさわりにしくぞなき」
                 (高僧和讃)
と教えられ、苦悩(流転輪廻)がやまない(きわなき)原因は、
「疑情のさわりにしくぞなき」
と言われています。

「しくぞなき」も「これひとつ」の断定です。
「苦悩の根元は、これひとつ」の「疑情」とは、
「阿弥陀仏の本願を疑う心」のこと。
予想もつかぬところに、苦悩の真因があったのです。

この真実を一体、誰が知るでしょう。
この「疑情」が破れ、過去無量劫からの迷いを断ち切られた
親鸞聖人の魂の叫びが、
「誠なるかなや、摂取不捨の真言(阿弥陀仏の本願)」
なのです。
アニメーション『世界の光・親鸞聖人』
第一巻の最後の場面で、
その喜びをこう告白されています。
不思議なるかなや、不思議なるかなや。
弥陀五劫思惟の願は、親鸞一人がためなり」
「あぁ、多生にも、値(あ)い難き本願力に、今値えたり。
億劫にも、獲難き真実の信心を、今獲たり」

本願、まことだった。まことだった

疑情が浄尽(じょうじん)し、
「露ちりほどの疑心」のなくなった人は、
二度と迷わぬ絶対の幸福に生かされる。
これを蓮如上人は、
「この心の露塵程も疑なければ、
必ず必ず極楽へ参りて、美しき仏とは成るべきなり」
と言われるのです。
この疑情を晴らすには、
阿弥陀仏の本願を聞くよりほかにありません。


おなじくアニメの第一巻で、法然上人はこう説かれています。

釈尊が、この世にお出ましになったのは、
阿弥陀仏の本願一つを、説かんがためでありました。
この法然も、弥陀の本願によって、救われたのです。
13歳で出家してより、27年間、比叡での難行・苦行も、
京都・奈良で学んだ、華厳・法相などの学問も、
この法然の後生の一大事の解決には、なりませんでした」
「泣く泣く山を下りました。
黒谷で、7000余巻の釈尊の説かれた経典をひもとくこと、5回。
法然のような者でも助かる道がなかろうかと、
探し求めました。
そして、ついに、私一人を助けんがための、
阿弥陀仏のご念力が届いた一念に、
法然の暗黒の魂が、光明輝く心に救い摂られたのです」
「その不思議、その驚き、尊さは、
心も言葉も絶え果てて、ただ泣くだけでした。
まことに皆の人、一日も早く、
阿弥陀仏の本願を聞き開いてください。
いかなる智者も、愚者も、弥陀の本願を信ずる一念で、
救われるのです。よくよく聞いてください」

このように、アニメーション『世界の光・親鸞聖人』の中で、
親鸞聖人、法然上人といった方々が説法されていますから、
このアニメを見せていただくままが聴聞です。

苦しみ迷いの打ち止めをするには、人間に生まれ、
仏法を聞かせていただく以外ありません。
「弥陀の本願まことだった」と疑情が晴れ渡り、
必ず浄土へ往ける身になるまで、
阿弥陀仏の本願を、真剣に聞かせていただきましょう。


nice!(47)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

親鸞聖人ってどんな方!? [親鸞聖人]

EPSON014.jpg-1.jpg 

出家の動機「死ねばどうなるの?」

親鸞聖人は、約800年前、京都にお生まれになりました。
父君は藤原有範、母君は吉光御前といわれます。
ところが4歳の時にお父さま、
8歳の時には、お母さまを亡くされました。
「次は自分の番だ。死んだらどこへ行くのだろう」
真剣に悩まれた聖人は、真っ暗なわが身の後生に驚かれ、
何とかこの心一つ明るくなりたいと、
9歳で出家なされたのです。
有名な
「明日ありと 思う心の 仇桜
     夜半に嵐の 吹かぬものかは」
の歌は、その時に詠まれたといわれます。

EPSON014.jpg-2.jpg


煩悩と格闘された親鸞聖人

出家された親鸞聖人は、当時の仏教の中心地、
比叡山・天台宗の僧侶となられました。
天台宗はお釈迦さまの説かれた『法華経』の教えに従い、
戒律を守り、欲や怒りの煩悩と闘って、
さとりを得ようとする教えです。
その修行は峻烈を極め、まさに命懸けの難行でした。
しかし、静めようとすればするほど心は散り乱れ、
次々と煩悩の群雲(むらくも)がわき起こる。
「煩悩に汚れ、悪に染まった親鸞、
この山に助かる道があるのだろうか・・・」
血のにじむ20年の修行でも、
後生暗い魂の解決ができず、
精も根も尽き果てた聖人は、泣く泣く下山されました。

EPSON015.jpg-2.jpg

恩師・法然上人との出会い

天台・法華の教えに絶望し、山を捨てられた聖人は、
どこかにこの暗い心の解決を教えてくださるお方はないかと、
旧友の手引きで、
「弥陀の本願」を説く恩師・法然上人に巡り会われます。
弥陀の本願とは、
「我を信じよ。苦しみの根元・後生暗い心をぶち破り、
必ず絶対の幸福にしてみせる」
と誓われた大宇宙最高の仏・阿弥陀如来の熱いお約束です。

法然上人から、その弥陀の本願を聞かれた親鸞聖人は、
雨の日も風の日も、聞法に専心されました。

EPSON016.jpg-0.jpg

信心決定(明らかな弥陀の救い)

そして、29歳の春、弥陀の本願によって後生明るい心に
救い摂られたのです。

「誠なるかなや、摂取不捨の真言」
(弥陀の本願まことだった、本当だった!)
とは、明らかな弥陀の救いにあわれた聖人の
歓喜の告白でしょう。
このように、弥陀に救い摂られたことを、
信心決定といいます。

信心決定された親鸞聖人は、
「こんな極悪の親鸞を助けてくだされた阿弥陀如来の大恩は、
身を粉にしても、骨を砕いても足りない」と、

90歳でお亡くなりになるまで、
ひたすら弥陀の本願一つ、叫び続けていかれたのです。

EPSON016.jpg-1.jpg


 


nice!(48)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

家族って素晴らしい [なぜ生きる]

生きる喜びで結ばれる絆

日本人の多くが思い描く“理想の家族”の代名詞として、
だれからも愛され、親しまれている“サザエさん”。
日曜夕方のゴールデンタイムに現在も、
平均視聴率25パーセントという人気番組です。
同じ屋根の下に三世代が仲良く暮らし、
ともに喜び、励まし合っていく。
温かい一家団欒を求める心情が、
高視聴率の理由の一つではないでしょうか。

ところが今日、そんな家族の絆が失われているのではないか、
と感じる事件が続発しています。
虐待や親殺し、子殺しなど、
耳をふさぎたくなる悲痛なニュースが毎日のように
報道されています。

「母親を殺してくれたら金を払う」
昨年8月初旬、高校一年生の少年は、
友人にこう持ちかけ、27日、
稚内市の自宅で実母(46)を殺害させました。
(平成19年のとどろきより載せています)
約30万円の報酬で、“親殺し”の依頼とは。
殺害前日まで打ち合わせを行い、
計画的に犯行が進められていたといいます。
両親の離婚後、母に引き取られた少年は、
動機について、「自分を捨てた父が憎く、
それをかばう母も憎かった」と語っています。
病院パート職員を続けながら、
苦労して子供を育てていた母親が、なぜ、
我が子によって殺されねばならなかったのか。
親の願いや愛情、苦労が、
どうして子供に届かなかったのでしょうか。

母の頬を伝う涙には
  科学では分からぬ
    愛情がある

生まれてから今日まで、私たちは両親から
どのような恩恵を受けてきたのでしょうか。
生まれたばかりのころは、
お乳を飲ませてもらったり、おむつを取り替えてもらったりして、
母の手がなければ一日たりとも生きていけません。
夜中に泣き出せば、親は眠い中でも起きて、
わが子が眠るまであやし続ける。
病気になれば寝ずに看病し、遠くへ行けば、
帰ってくるまで心配します。
時には子供を喜ばせようと、
遊園地や動物園に連れて行ったり、
服や靴など必要なもの、欲しがるおもちゃなどは、
自分の物を我慢してでも買い与えます。
常に親は、子の成長や幸せを喜び、
未来を念じて苦労を惜しみません。

EPSON009.jpg-1.jpg

世界的に著名な科学者ファラデーは、
貧しい家庭に生まれ、母の苦労を見て育ちました。
後に、学者として成功を収めた彼は、
学生たちにこう語っています。
涙を科学的に分析すれば、
少量の塩分と水分に過ぎない。
しかし、母親の涙の中には、科学も分析しえない、
深い愛情がこもっていることを知らねばならぬ

EPSON010.jpg-1.jpg

「子をもって知る親の恩」といわれます。
慣れない育児に戸惑いながらも、
一生懸命世話をする。
実際にやって初めて、その大変さに驚き、
「自分がここまで成長するのに、
どれほどの愛情や苦労をかけてもらったことか知らされた」
というお便りが、毎月、編集部にも届きます。
それまで、当たり前のように感じていたことが、
“親なればこそ、このような苦労をしてくださったのだ”
と身にしみて知らされるからでしょう。

お釈迦さまは、「父母の恩重きこと天の極まり無きがごとし」
と教えられていますが、
その恩を本当に知らされるのはいつのことでしょうか。

オレがオレがの
    「が」を捨てて、
 おかげおかげの
    「げ」で暮らしましょう

プロ野球・千葉ロッテマリーンズにドラフト1位で
入団した大嶺裕太投手(八重山商工高校)の座右の銘は、
「オレがオレがの我の字を捨てて、お陰様での下で生きろ」
であるといいます。
家族の間では、特に大切な心がけでしょう。

「オレがこんなに苦しんでいるのに少しも案じてくれない。
薄情な人だ」
「私がこれほど尽くしているのに」
「オレがこれだけ親切にしているのに」
日々の生活で、こんな気持ちになることも
あるかもしれません。
その怒り、苦しみの元は、
“オレがこれだけやっている”
のうぬぼれ心にあるようです。

そんな時、
「世話しているのではなく、世話になっているのだ」
「堪忍しているのではなく、堪忍してもらっているのだ」
と心を反転してはどうでしょうか。

お互いに、「○○して当たり前」を相手につけず、
自分がやって当たり前と思えるようになれば、
相手がしてくださった時には感謝の気持ちが起きて、
どんなに幸せなことでしょう。

“恵まれていることが当たり前、親は何でもしてくれて当然”
と思っていては、感謝の心は起きないし、
“自分は親だから、子供が孝行するのは当たり前ではないか”
と思っていては、「ありがとう」の言葉は出てきません。

EPSON011.jpg-1.jpg
そんな不満が積もりに積もると、
圧がかかったボイラーのように、
最後は大爆発につながります。
大変なご恩を受けて大きくなったはずなのに、
その親を手にかける。
また、かわいいはずのわが子を殺めるような事件に
発展することもあります。
悲劇が報道されるたびに、
世をあげて対策を議論していますが、
すぐに、また同様の事件が聞こえてくる。
やりきれない思いになる人も少なくないでしょう。


なぜこのような悲劇が起こるのか。
先のような心がけの軽視や、しつけ、
教育の問題など、さまざまな要因はあるでしょうが、
根本は、自分が生まれてきた意味、
生命の尊さが分からないからに違いありません。

子供にも、私にも、
   最も大事な「生きる目的」

「生んで育ててくれた親に感謝しなければならない」
といわれます。

しかし、生まれてきた目的も分からず、
生命の歓喜がなければ、
親に対する心底からの感謝は出てこないでしょう。

物質は豊かになり、貧しかった時代よりも格段に、
子供に必要なもの、欲しがる物を
与えることはできるようになりました。
しかし、「ボクは生まれてきてよかったんだ」
「私が生きていることには意味があるんだ」
と心の底から納得できる最も大切な人生の目的は、
子供たちに伝えられているでしょうか。
知識やお金や物じゃない。
自分の人生を全面的に肯定して生きる自信を持つには、
それこそが、すべての子供たちにとって、今、
最も必要なことなのです。

子供だけの問題ではありません。
大人も、果たして、自身の生きる目的が、
ハッキリしているでしょうか?

“自分は、この世に生まれてよかったのか。
人間に生まれ、生きていることが、
そんなに有り難いことなのか”
親も子も、その理由が分からないままでは、
真に幸せな人生は開かれません。

この問いに、明らかな解答を示されたのが、
お釈迦さまであり、親鸞聖人なのです。

 
お釈迦さま在世中の悲劇
   「産んだ子に、
      こんな虐待されるなんて」

家庭内の惨事と聞けば、
現代特有の問題と思うかも知れませんが、
そうではありません。
お釈迦さま在世中の約2600年前のインドにも、
「王舎城の悲劇」といわれる
歴史的に有名な出来事がありました。

時代を超えて繰り返される悲劇を、お釈迦さまは、
どのようにハッピーエンドに転じられたのでしょうか。

  ※     ※     ※
「親が何だ。二言目には、苦労したとか、
かわいがったとか恩着せがましく言いやがる。
それじゃあ初めから生まねばよかったんだ。
勝手に生んでおきながら!」
暴言を吐く太子アジャセに、
ビンバシャラ王と、その妃・イダイケは、
なす術もなく、困り果てていた。
彼らは当時、インドで最強を誇ったマガダ国の
王舎城に住まいする王夫妻である。
アジャセは生まれつき凶暴性が強かった。
親や周囲への暴力は茶飯事で、
気に食わぬ家臣などは虫けらのように殺害する。
悪口雑言、うそ、偽りは平然と言い、
日々、欲楽にふける。

EPSON012.jpg-1.jpg

そんなアジャセによって、母・イダイケは牢に閉じこめられ、
ズダズダに身がさいなまれるような
苦悶におちて苦しむことになる。
ウス暗い牢壁をこぶしでたたきながら、
狂わんばかりに泣き叫ぶ。
「どうして、私、おまえのような子を
生まなければならなかったの。
あんなに一生懸命愛したのに、
苦労に苦労して育てたのに、なぜ、
こんな仕打ちをされねばならないの。
どうして私だけ、こんな目に・・・」
「ああーっ。アジャセ。
母さんおまえのためにどんなに苦労したか知ってるの?
寝ないで看病してやったわ。
欲しい物は何でも与えたじゃないの。
アジャセ、その恩を忘れて。アジャセ!」
牢獄でのたうち回って苦しむイダイケの、
悲痛な叫びを察知なされたお釈迦さまは、
イダイケ救済のために、七重の牢へと赴かれた。
ところがあろうことかイダイケは、
アジャセに対する恨み、怒り、憎しみのすべてを、
思い切り釈尊にぶつけるのだった。
お釈迦さま。私は何という不幸な女でしょう。
産んだ子に、こんな虐待されるなんて。
お釈迦さま。私何をしたというのでしょう。
悪いのはみんなアジャセじゃないの。
どうして私、あんな親不孝な子を持たなければならなかったの?
お釈迦さま!」

気づかぬ
   自己のタネまき

獄中で苦しむイダイケの心には、
どんな思いが満ちていたのでしょうか。
“アジャセのような親不孝者をなぜ、
私が持たねばならなかったの”
というアジャセに対する愚痴。
そのアジャセを悪の道へ唆したダイバという男への憎しみ。
本当は、アジャセは素直ないい子だったんです。
それをあのダイバの悪党が、唆したのよ。
一番悪いのはあのダイバ。
あいつさえいなければ、こんなことにはならなかったのに”
さらに、とんでもないところにウラミを飛ばす。
“それにしてもお釈迦さま。
どうしてあんなダイバといとこなの。
あなたがあまりに偉大だから、ねたんだダイバが仕組んだこと。
そのために私たちまでが”


人間は、現実の結果には驚きますが、
過去の己のタネまきには、
全くといっていいほど気づきません。

実はイダイケは、占い師の言葉に迷い、
わが子欲しさに修行者殺害の罪を犯したことがあったのです。
さらに宿った子供が自身に恨みを抱いていると聞かされると、
わが子でさえ、産むと同時に殺させようとしました。

望まれぬ子であった事実を知ってアジャセは、
一層心が荒廃したでしょう。
ところがイダイケは、そんな恐ろしい自己の罪悪には、
一向に気づかない。

ついに精も根も尽き果て、
なりふり構わずお釈迦さまに懇願します。
「私は何のために生まれてきたのでしょうか。
こんな苦しい、おぞましい人生、
この世ながら地獄です。
どうか私を、苦しみのない世界へ行かせてください」

苦悩を除く法
   「弥陀の本願」

ようやく口を開かれた釈尊は、
『観無量寿経』の説法をされます。

釈尊の教えのままにしたがったイダイケ夫人は、
どうにもなれない自己の姿を知らされて、
底の知れない苦悶に堕ちました。
釈尊は、弥陀の本願を説く時節到来を感知なされ、
こう言われるのです。
「イダイケ、今よりその苦しみを除く教えを説こう」
同時に釈尊の姿が忽然と消え、
金色輝く阿弥陀仏が現れました。

その仏身を拝見したと同時に、
イダイケの暗黒の苦悩は晴れわたり、
歓喜胸に満ち、光明の広海に浮かんだのです。

釈尊の「苦悩を除く法」とは、生きる目的が分からず、
人間に生まれた喜びのない苦悩の根元・無明の闇を一念で破り、
歓喜の生命を与える「弥陀の本願」でありました。

ようこそ、ようこそアジャセよ、ダイバさま、
こうまでしてくだされなければ、
とても仏法を聞く私ではなかった。
他人を恨み、憎み、のろい苦しんできた私は、
とんでもないわが身知らずでありました。
私ほどの極悪人はなかったのです」
イダイケは、アジャセやダイバにも
合掌せずにおれなくなっていました。

EPSON013.jpg-1.jpg
弥陀の本願力によって、
人生の目的を達成したイダイケ夫人は、
たちまち、恨みと呪いの暗黒の人生が、
懺悔と感謝の光明の人生と新生したのです。

アジャセもまた、母のあまりの変貌に驚き、
次第に仏法へと、引かれていきます。
やがて深くお釈迦さまに帰依し、
過去の大罪を懺悔し、母とともに仏法を聞いて、
幸せな生涯を送ったのです。

●「家族って
     いいものだ」

家族崩壊が叫ばれている今、世の親は、
大切な子供に生きる意味を教え、
かけがえのない命の尊厳を伝えていきたいものです。
人生の目的を知らされた時、
「このための人生だったのか。大事な命なんだ。
苦しくとも自殺なんかしちゃいけない。
頑張って生きていこう」
と生きる力がわいてくるでしょう。

「お父さん、お母さん、生んでくれてありがとう。
大変な苦労をしてよくぞ育ててくださいました」
と心から感謝せずにいられなくなります。

ともに生きる喜びをかみしめ、「家族って素晴らしい」
と、真の幸福に生かされる人生を、
歩ませていただきましょう。


 


nice!(67)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。