So-net無料ブログ作成

真実の仏教を説く先生は数百年に一人ですが、現在その先生が富山におられます。先生の書物によって皆さんに仏縁を結んでもらい、後生の一大事の解決の入り口になればと思います。

このブログは、作り話を載せているのではありません。
死ねばどうなるか、ハッキリしていませんよね。
もしかしたら、死後は苦しみの世界になるのではないかと
誰もが考えることはあると思いますが、
お釈迦さまは『大無量寿経』で、ズバリ、「必堕無間(地獄)」と教えています。
我々には想像できないほどの大苦悩を受ける世界に
気の遠くなるほどの長年月、堕ちねばならないと説かれているのです。
それは何故か、そしてどうすればそれを解決できるのかを教えるために、
お釈迦さまは地球にお出ましになられました。
このブログは読み飛ばさないことをお勧めします。
無知ほど恐いものはないのです。
(弥陀の本願を知らない、求めないこと自体、あまりに危険です。
人間として生まれて来た意味もわからないまま、畜生と同じ一生を終えますか!?
畜生は仏教を理解する知恵がないから六道輪廻し、永遠に苦しまなくてはなりませんが、
我々人間は弥陀の本願を聞思し、救われて極楽往生できる道があるのです。
だから人間として生まれたということはものすごいことであり、
ボーとして求めるものを求めずに過ごしてしまったら取り返しのつかないことなのです。)

           

大原問答と大無量寿経 [法然上人]

印度西天之論家 (印度西天の論家)
中夏日域之高僧 (中夏日域の高僧)
顕大聖興世正意 (大聖興世の正意を顕し)
明如来本誓応機 (如来の本誓、機に応ずることを明かす)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_20150830_0001.jpg-1.jpg

「印度西天の論家、中夏・日域の高僧」
とは、インドの龍樹菩薩・天親菩薩、
中国の曇鸞大師・道綽禅師・善導大師、
日本の源信僧都・法然上人の七名のことです。
親鸞聖人は、これら七高僧の功績を、
「大聖興世の正意を顕し」
“釈尊の出世の本懐を明らかにされ”、
「如来の本誓、機に応ずることを明す」
“阿弥陀如来の本願は、
どんな人をも救い摂る真実の法であることを明らかになされた”
と称讃なされています。

●いろいろな宗派があるのは?

“お釈迦さまの教えは一つのはずなのに、
なぜ仏教はいろいろな宗派に分かれているのだろう。”

だれしも疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。
それは、膨大な一切経の中で、
どれが釈尊出世の本懐経(本心が説かれているお経)かで
意見が分かれるためです。

『華厳経』が釈迦の本心だというのが華厳宗であり、
いや『大日経』こそ釈尊の正意だと考えているのが真言宗です。
法相宗では『解深密教』だと言い、
天台宗や日蓮宗では『法華経』と主張します。
また、禅宗のように『涅槃経』などを用いながら、
特に所依(よりどころ)の経典を立てないものもあります。

親鸞聖人は、
「それ真実の教を顕さば、すなわち『大無量寿経』これなり」

              (教行信証)
と、『大無量寿経』こそが、
釈尊出世の本懐経だと断定なされています。

「正」という字は「一に止まる」と書くように、
釈尊の正意は一つしかありません。
果たして、真実の経は何か。
後生の一大事の解決を求める仏法者にとって、
捨ててはおけぬ問題です。

それで、過去から幾たびも法論がなされてきました。
法論とは、仏法上の争いのことで、
経典のご文を根拠にして、
どちらが正しい仏意かを論争することです。

●『大無量寿経』か『法華経』か

中でも古来、最も問題になってきたのが、
『大無量寿経』と『法華経』です。

この二つは、ともに「深法」といわれる大事なお経です。
一切経の中でも、深法とあるのはこの二つだけでしょう。
しかし、どの時代でも『法華経』に軍配が挙がったためしはなく、
常に『大無量寿経』が勝利を収めています。

その結論は、
「法は互角、機で大経」
と言われます。
「法」、つまり教えそのものの深さでは互角。
優劣はないのですが、その教えによって救われるのはだれか、
という「機」の問題になると、がぜん、
『大無量寿経』こそが真実と鮮明になるのです。

●深智に説かれた『法華経』

仏教は対機説法(機に対して法を説く)といわれるように、
経典にはそれぞれ、説かれた相手があります。
『法華経』には、

「この法華経は深智の為に説く、
浅識はこれを聞いて迷惑して悟らず、
一切の声門及びびゃく支仏は、この経の中においては、
力及ばざるなり」
              (譬喩品)
とあります。
声門やびゃく支仏といった、
私たち凡夫とは比較にならぬ優れた人たちでさえ、
助からぬと説かれているのです。

また、『法華経』を行ずる人が、
必ず守らねばならぬ三つの規則「室・衣・座の三軌」があります。

○室・・・一切の人々に大慈悲をもって接すること。
○衣・・・いかに苦しいことでも笑って忍ぶこと。
○座・・・一切のものに対する執着を断つこと。

いかに実践が困難極まるものか、分かるでしょう。

●千日回峯行

比叡山(滋賀県)は、『法華経』の教えにしたがい
修行しようとする天台宗の山です。
今は観光地になっていますが、
それでも千日回峯行なる荒行が残っています。
起床は真夜中の二時。
頭には蓮華笠をかぶり、白い麻の装束に草鞋履き、
山上山下の行者道を約三十キロ、飛ぶようなスピードで移動します。
この間、約三百ヶ所で所定の修行をし、
五時間ほどで戻ってくるのです。
むろん、悪天候でも、病気やケガをしても休むことはできません。
もし途中で挫折したら持参の短刀で
自害するのが山のおきてになっていました。
江戸時代には多くの修行僧が自害しています。
途中の七百日の中には、
九日間の断食、断水、不眠、不臥という過酷な行もあります。
さらに、八百一日目から百日間は「大回り」をやります。
山を下りて京都の修学院から一乗寺、
平安神宮、祇園と一日八十四キロを
十七、八時間で回る生死関頭の苦行です。
千日間で踏破する距離は、およそ地球一周。
開山以来約千二百年間、この難行を完遂した者は
三百人に満たず、戦後はわずか八人。
文字通りの命がけの修行です。
しかもなお、仏覚にはほど遠い初歩なのです。

IMG_20150830_0004.jpg-1.jpg

●すべての人に説かれた『大無量寿経』

『法華経』には、この経は「最第一」であるなど、
極めて大切な教えであることが説かれています。
しかし、どんな高尚な教えがあっても、
私たちが真に救われえるものでなければ、
絵に描いたもちになってしまいます。
それに対して、『大無量寿経』に説かれている
阿弥陀如来の本願の相手は「十方衆生」です。
十方衆生とは、大宇宙のすべての生きとし生けるもののこと。
相手構わず、どんな人をも救い摂る法なのです。

まさに、機に応ずる弥陀の本願と知られましょう。
親鸞聖人も、九歳で出家されてより二十年間、
比叡山で仏道修行に打ち込まれましたが、
天台法華の教えに絶望なされ、
「救われる教えにあらず」と下山され、
弥陀の本願に救い摂られています。
聖人でさえ、かくのごとしです。
では、なぜだれも実行できないような教えを、
釈尊は説かれたのでしょうか。

自分はやろうと思えば何でもできるとうぬぼれている心が
自力の本性であり、迷いの親玉です。
自力無功を知らせ、真実の救いに導くために
方便の教えが必要だったのです。

法華経を信じえない者の為には、
如来の余の深法を教えよ

         (法華経ぞく累品)
このお言葉からも、『法華経』は、
『大無量寿経』真実へ送り込むための方便経であることが
ハッキリいたします。

IMG_20150830_0005.jpg-1.jpg

●法然上人の大法論「大原問答」

すべての人が救われる法、弥陀の本願を明らかにするため、
七高僧のご苦労は並大抵ではありませんでした。
一例を挙げましょう。

親鸞聖人の師・法然上人は、
我が国始まって以来の大法論をなされています。
場所は京都大原の勝林院。
世に名高い「大原問答」です。
どのような法論であったのか。
法然上人の伝記には、
「聖道門と浄土門、いずれが真実か。
日本国中の学者が集まり、火花を散らしての問答」
とあります。

釈迦一代の仏教を、大きく分けると、
聖道門と浄土門の二つになります。
聖道仏教は自力の修行で仏になろうとする教えで、
天台宗、真言宗、禅宗などを指します。
これに対し、阿弥陀如来の本願以外に、
我々の救われる道はないと教えるのが、
浄土仏教です。

聖道門側は、比叡山、高野山、京都、奈良の
名立たる僧侶380余人が論陣を張り、
それらの弟子僧二千余人が勝林院を埋め尽くしたといいます。
対する浄土門側は、法然上人ただお一人。
身の回りのお世話をする弟子が、
わずかに同行しただけでした。
「もし、お師匠さまが一言でも詰まられたら・・・」
と、ガタガタ震える弟子たちに、
上人はニッコリほほえまれ、
「この法然は幸せ者じゃ。
今日一日の問答で、天下の学者たちを弟子にできるとは。
弥陀の本願を明らかにする、またとない好機だ」
とおっしゃったといいます。
43歳の時に、他力金剛の信心を獲得された法然上人は、
大自信にあふれておられました。

●救われる唯一の道は、弥陀の本願

IMG_20150830_0006.jpg-1.jpg

まず、聖道門側から切り出す。
「浄土門が、聖道門より優れているとは、どういうことか」
釈尊の教えに優劣はないが、
法は何のために説かれたものか。
衆生の迷いを転じて、仏覚に至らすためである。
衆生を救う点において、浄土門のほうが優れておる

二千余の学僧がどよめく。
「これは聞き捨てならぬことを」
法然上人は、静かに答えられた。
聖道門は、人を選ぶではないか。
経典を学ぶ知恵のない者、
修行に耐える精神力のない者は求められない。
欲や怒りのおさまらぬ者は、救われないということだ

「いかにも・・・」
さらに、厳しい戒律がある。
完全に実行できる人はどれだけあるのか。
大衆のほとんどは、救われないではないか

「・・・・・」
しかし、浄土の法門は違う。
欲のやまない者も来い、愚者でも智者でも、
善人悪人。男も女も、全く差別がない。
平等に救われるのだ。
なぜならば、阿弥陀如来が、すべての人を、
必ず救い摂ると、本願を建てておられるからじゃ。
しかも、末法の今日、聖道門の教えで救われる者は一人もないのだ

「何を、たわけたことを」
末法の今日、自力の修行では一人もさとりを得る者はないと、
釈尊は説かれている。
これに対し、『大無量寿経』に説かれている弥陀の本願は、
いつの時代になっても、しじゅう変わらず、
一切の人々を救うと説かれている。
されば、すべての人の救われる道はただ一つ、
浄土の一門のみであることが明らかではないか

「・・・しかし、阿弥陀如来以外の仏や菩薩に向くなとは、
言い過ぎではないか」
釈尊は、『大無量寿経』に、
一向専念無量寿仏と説かれている。
これは、あらゆる諸仏、菩薩、諸神を捨てて、
一向に専ら、阿弥陀仏を念ぜよ、ということである

「ううむ・・・」

    ・     ・      ・
問答は一昼夜に及びましたが、
法然上人は、いかなる難問にも、
よどみなく答えられ、すべての学者を論破されたのです。

聖道門の学者たちは、心から法然上人の高徳に伏し、
「知恵第一の法然房」「勢至菩薩の化身」とたたえたといいます。
阿弥陀如来の本願の素晴らしさを知らされた二千余の大衆は、
異口同音に念仏を称え、三日三夜、その声がこだましたといわれます。
法然上人、54歳の出来事でした。

法然上人のみならず、善知識は皆、
全人類の救われるただ一本の道、
弥陀の本願徹底に生涯をささげられたのです。


nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 28

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0