So-net無料ブログ作成
検索選択

真実の仏教を説く先生は数百年に一人ですが、現在その先生が富山におられます。先生の書物によって皆さんに仏縁を結んでもらい、後生の一大事の解決の入り口になればと思います。

このブログは、作り話を載せているのではありません。
死ねばどうなるか、ハッキリしていませんよね。
もしかしたら、死後は苦しみの世界になるのではないかと
誰もが考えることはあると思いますが、
お釈迦さまは『大無量寿経』で、ズバリ、「必堕無間(地獄)」と教えています。
我々には想像できないほどの大苦悩を受ける世界に
気の遠くなるほどの長年月、堕ちねばならないと説かれているのです。
それは何故か、そしてどうすればそれを解決できるのかを教えるために、
お釈迦さまは地球にお出ましになられました。
このブログは読み飛ばさないことをお勧めします。
無知ほど恐いものはないのです。
(弥陀の本願を知らない、求めないこと自体、あまりに危険です。
人間として生まれて来た意味もわからないまま、畜生と同じ一生を終えますか!?
畜生は仏教を理解する知恵がないから六道輪廻し、永遠に苦しまなくてはなりませんが、
我々人間は弥陀の本願を聞思し、救われて極楽往生できる道があるのです。
だから人間として生まれたということはものすごいことであり、
ボーとして求めるものを求めずに過ごしてしまったら取り返しのつかないことなのです。)

           

なぜ、我々を救えるのは阿弥陀仏だけなのか [源信僧都]

 EPSON036.jpg-1.jpg

 「源信」とは、約1000年前の日本の人で、
有名な『往生要集』を書かれた源信僧都のことです。
親鸞聖人は、この源信僧都を、
インド・中国・日本の七高僧の6番目に挙げて、
「源信僧都のお導きがあったなればこそ、
親鸞は、弥陀に救われることができたのだ」
と、正信偈に次の2行で褒めたたえておられます。

源信広開一代教(源信広く一代の教を開きて)
偏帰安養勧一切(偏えに安養に帰して一切を勧む)

EPSON037.jpg-1.jpg

「広く」とは、「徹底的に」ということ。
「一代の教」とは、今から2600年前、インドに現れたお釈迦さまが、
80歳でお亡くなりになられるまで教えていかれた、
釈迦一代の教え、今日の仏教のことです。
釈迦一代の教えは、すべて書き残され、その数は7000冊以上に上り、
一切経といわれています。
源信僧都は、その7000余冊の一切経を幾たびも読み破られ、
「後生の一大事の解決できる教えが、どこかに説かれていないか」
と、必死に探し求められたことを、
「源信、広く一代の教を開きて」
と、言われています。
その結果、
「極悪の源信の救われる道は、偏に安養に帰する以外に無かった」
と知らされたことを、
「偏に安養に帰して」
とおっしゃっているのです。
「安養」とは、阿弥陀仏のことですから、
「偏に安養に帰す」とは、
「私の後生の一大事を助けたもう仏は、ただ弥陀一仏しかなかった」
と言われています。
すでにお釈迦さまは、
「無量寿仏に一向専念せよ」
とおっしゃっています。
「無量寿仏」とは、阿弥陀仏のことですから、
「弥陀一仏に向き、弥陀のみを信じよ。
その他にすべての人の救われる道はないのだ」

と言われているのです。
次の、
「一切を勧む」
とは、それから源信僧都がこの真実の教えを、一切の人々に、
「皆さんも、偏に弥陀一仏を信じなさいよ」
と、終生、教え勧めていかれたことを、親鸞聖人は、
「偏に安養に帰して一切を勧む」
と言われているのです。

EPSON038.jpg-1.jpg

●阿弥陀仏は本師本仏

釈迦の「無量寿仏に一向専念せよ」の教えについて、
親鸞聖人から聞かせていただきましょう。
釈迦が35歳で成仏してから、
80歳で入滅するまでの45年間の教えが仏教ですが、
一体、釈迦は何を説くのが目的であったのでしょうか。

EPSON039.jpg-1.jpg


親鸞聖人は、『教行信証』に、

それ真実の教を顕さば、すなわち『大無量寿経』これなり

と喝破なされています。
釈迦一代の教えは、真実の経・『大無量寿経』唯一つを
説かんがための方便であったのだ

と断言なされているお言葉です。
では『大無量寿経』には、何が説かれているのでしょうか。
それは唯、すべての人々が本当に幸福に救われる
「阿弥陀仏の本願」のみが説かれています。

ゆえに親鸞聖人は、『正信偈』に、

如来所以興出世(にょらいしょいこうしゅつせ)
唯説弥陀本願海(ゆいせつみだほんがんかい)

「釈迦如来がこの世に生まれられた目的は、
唯、弥陀の本願のみを説かんがためなり」

と仰せになっております。
釈迦は、阿弥陀仏の使いの者として、
この世に出て阿弥陀仏の本願を説かれたのです。
これを聖人は、

久遠実成阿弥陀仏(くおんじつじょうあみだぶつ)
五濁の凡愚(ぼんぐ)をあわれみて
釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)としめしてぞ
迦耶城(がやじょう)には応現する  (和讃)

とおっしゃっています。

また、親鸞聖人の仰せのとおり、
釈迦は一切経に阿弥陀仏のことばかり褒めたたえていられます。
「阿弥陀仏の威神光明は最尊第一にして、
諸仏の光明の及ぶこと能わざる所なり」(大無量寿経)とか、
「十方無辺不可思議の諸仏如来、阿弥陀仏を称讃せざるはなし」(同)
とか、
「諸仏の中の王なり、光明の中の極尊なり」(大阿弥陀経)
とか、挙げれば切りがありません。
ゆえに、
「諸経に讃ずるところ、多く弥陀にあり」
と、天台宗の荊渓(けいけい)でさえ驚いているのです。

では、なぜ阿弥陀仏を一切の仏方が称賛し礼拝されるのか。
その理由は、『般舟経(はんじゅきょう)』に明らかに説かれています。

三世の諸仏は
弥陀三昧(みだざんまい)を念じて
等正覚(仏)に成る

これは、
「一切の諸仏は、最後は阿弥陀仏のお力によって、
仏になった」
ということです。
大日如来も薬師如来もそうであるように、
釈迦もその例に漏れません。

ですから、あらゆる仏は阿弥陀仏には頭が上がらないのです。
「本師本仏」と崇めたてまつる道理ではありませんか。
三世十方の諸仏たちでさえそうなのですから、
ましていわんや私たちは、「一向専念無量寿仏」で、
阿弥陀仏一仏を一向に信じたてまつるより、
後生の一大事助かる道は毛頭ないのだよと、
親鸞聖人は徹底していかれたのです。

EPSON041.jpg-1.jpg

●阿弥陀仏の、特に勝れたお徳ーーー光明無量

阿弥陀仏は、光明無量・寿命無量、
智慧と慈悲の如来であることは多くの経典に明らかですが、
中でも阿弥陀仏の勝れたお徳は、
光明(智慧)無量であることだと、
親鸞聖人は讃歎なされています。

EPSON042.jpg-1.jpg

光明といいますと、何か太陽か電灯の光線のように
誤解する人もありますが、
仏法では仏の念力、仏力をいつも光明と表現いたします。
私たちの目に見えない如来の大願業力、大念力、智慧をいうのです。
私たち人間でも、その方面の修練を積めば、
ある程度の念力を持つことができることは今日、
催眠術や超能力などによって周知のとおりです。
これらは一種の人間の精神力であり、
念力といわれるものの働きであることは、
科学的に説明されるようになりました。
念写などによれば、念力は目には見えませんが、
光線と同じような働きや性質があることが知らされています。
例えば、遠方の暗室に置いてある印画紙に向かって、
ある人が一心に何かを念ずると、その念じたものが瞬時にして、
遠方の印画紙に写るということは、念力は光のような速度を持ち、
光のような作用を持っていることが分かります。
それにしても2600年以前において、すでに釈迦は、
念力や精神力を光明という言葉で表現なされた智慧には、
今更ながら驚嘆せずにはおれません。
散乱放逸の私たち人間でさえ、
ある修練を積めば相当の念力を持つことができるのですから、
仏の念力、業力は私たちの想像を絶するものです。

仏は光明と寿命、智慧と慈悲の覚体だといわれるのは、
私たちを救わんとする大念力を体得していられることをいうのですが、
阿弥陀仏が本師本仏と崇められ、諸仏の王とされるのは、
すでに述べましたように、阿弥陀仏の光明智慧が、
諸仏に超過して、私たちを救済する力がズバ抜けているからです。

それは同時に、極悪最下の私たちを救済できる仏は、
阿弥陀仏以外には断じてないことを、
暗示なされた釈迦のご金言でもあります。

果たして釈迦は最後に“一向専念無量寿仏”と、
その真意を説破(せっぱ)なされているのです。
これは、
あらゆる諸仏、諸菩薩、諸神を捨てて、
一心一向に専ら(もっぱら)阿弥陀仏一仏を信ずる以外に、
一切の人々の助かる道は絶対に無い

と明言なされたものです。

●浄土真宗の肝要

一向専念の義は、往生の肝腑(かんぷ)、自宗の骨目なり

とまで断言なされています。
「阿弥陀仏一仏を一心一向に礼拝し念ずることが、
我々の救われる最も大事なことで、浄土真宗の肝要だ」

ということです。
釈迦の真意を酌み取られ(くみとられ)、忠実に実行なされ、
私たちにも教えられたのが、浄土真宗を開かれた親鸞聖人でした。
その親鸞聖人の教えを、一器の水を一器に移すがごとく
正確に伝えられた蓮如上人は、
「諸仏菩薩を捨てて、弥陀一仏を一心一向にたのむべし」
「更に余の方に心をふらず」
「その外には何れの法を信ずというとも、
後生の助かるということ、ゆめゆめあるべからず」
とまで断定なされているのも、
当然と言わなければなりません。

また、
「一心一向とは阿弥陀仏以外に二仏を並べないことで、
ちょうど、忠臣は二君に仕えず、
貞女は二夫を並べないのと同じだ」
とまでおっしゃっています。
あまりにも厳しいので、世間の人々は浄土真宗のことを
「一向宗」とまでいうようになったのです。
江戸中期の有名な儒者に
太宰春台(だざいしゅんだい)という人がありますが、
この人の著書には、
「一向宗の門徒は、弥陀一仏を信ずること専らにして、
他の仏神を信ぜず、如何なる事ありても、祈祷などすること無く、
病苦ありても呪術・符水(ふすい)を用いず、
愚かなる小民・婦女・奴婢(ぬび)の類まで、
皆然なり、是親鸞氏の教えの力なり」と驚嘆しています。
これによっても真宗の人たちは、
一切の迷信行為をしなかっただけではなく、
阿弥陀仏一仏以外は、絶対に礼拝したり信ずることがなかったことも、
お分かりになるでしょう。

「一向専念無量寿仏」は、時代によって変わることのない、
また絶対に変えてはならない釈迦のご金言であり、
三世十方を貫く真実の教えであることを、
親鸞・蓮如両聖人は、一生涯明らかになされたのです。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。