So-net無料ブログ作成
検索選択

真実の仏教を説く先生は数百年に一人ですが、現在その先生が富山におられます。先生の書物によって皆さんに仏縁を結んでもらい、後生の一大事の解決の入り口になればと思います。

このブログは、作り話を載せているのではありません。
死ねばどうなるか、ハッキリしていませんよね。
もしかしたら、死後は苦しみの世界になるのではないかと
誰もが考えることはあると思いますが、
お釈迦さまは『大無量寿経』で、ズバリ、「必堕無間(地獄)」と教えています。
我々には想像できないほどの大苦悩を受ける世界に
気の遠くなるほどの長年月、堕ちねばならないと説かれているのです。
それは何故か、そしてどうすればそれを解決できるのかを教えるために、
お釈迦さまは地球にお出ましになられました。
このブログは読み飛ばさないことをお勧めします。
無知ほど恐いものはないのです。
(弥陀の本願を知らない、求めないこと自体、あまりに危険です。
人間として生まれて来た意味もわからないまま、畜生と同じ一生を終えますか!?
畜生は仏教を理解する知恵がないから六道輪廻し、永遠に苦しまなくてはなりませんが、
我々人間は弥陀の本願を聞思し、救われて極楽往生できる道があるのです。
だから人間として生まれたということはものすごいことであり、
ボーとして求めるものを求めずに過ごしてしまったら取り返しのつかないことなのです。)

           

阿弥陀仏とお釈迦様との関係は!? [阿弥陀仏]

●本師本仏の阿弥陀仏

阿弥陀仏」といわれる仏さまは、どんな方でしょうか。
世間ではお釈迦さまといっても阿弥陀仏といっても、
レッテルが違うだけで、同じ仏さまだろうと思っている人があります。
しかし、それは大変な間違いです。
お釈迦さまと阿弥陀仏とは、全く違う仏なのです。
その違いを知らないと、仏教は全く分かりませんので、
よく知っていただきたいと思います。

お釈迦さまは、今から約2600年前、インドで活躍された方です。
お釈迦さまが、35歳で仏という最高の悟りを開かれてから、
80歳でお亡くなりになられるまでの45年間、教えていかれたみ教えを、
今日、仏教と言われます。
お釈迦さまは、地球上でただお一人、仏の悟りを開かれた方ですから、
「釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし」といわれます。
そのお釈迦さまが、「私の尊い先生を紹介しにきたのだよ」と、
私たちに教えてくだされたのが、阿弥陀仏といわれる仏さまです。


(蓮如上人:親鸞聖人の教えを一器の水を一器に移すかのごとく、一切自分の考えを入れずに
正確に日本中に伝えられた高僧)
Rennyo5_1

阿弥陀仏とお釈迦さまとの関係について、
蓮如上人は『御文章』に次のようにおっしゃっています。



ここに弥陀如来と申すは、
   三世十方の諸仏の本師本仏なれば

お釈迦さまは、地球上ではただ一人の、仏のさとりを開かれた方ですが、
大宇宙には地球のようなものが数え切れないほどあります。
その大宇宙には、数え切れないほどの仏がましますと説かれています。
それらの仏を「三世十方の諸仏」と言われているのです。
よく知られているのは、大日如来とか、薬師如来とか、
奈良の大仏はビルシャナ如来といわれる仏ですが、
それらの仏も皆、十方諸仏の一人です。

本師本仏」とは、本師も本仏も先生ということですから、
この大宇宙の仏方の先生だということです。
これはお釈迦さまがおっしゃっていることなのですが、
親鸞聖人も明らかにされ、蓮如上人もこのように言われているのです。

阿弥陀仏は十方諸仏の先生である」ということは、
大宇宙の仏方は皆、阿弥陀仏のお弟子」ということです。
諸神の上が、弥勒や観音、地蔵菩薩などの菩薩であり、その菩薩の上が
諸仏ですが、それらは皆、阿弥陀仏のお弟子です。

地球上では三大聖人、二大聖人といっても常にトップに挙げられるお釈迦さまも、
十方諸仏の一人ですから、弥陀と釈迦の関係は、師匠と弟子、
阿弥陀仏を先生をするなら、お釈迦さまは生徒、ということになります。
お釈迦さまだけでなく、大宇宙のすべての仏方が、阿弥陀仏のことを、
「偉大な仏さまだ、尊い仏さまだ、われらの先生だ」と讃めたたえて、
手を合わせ、拝んでおられるのです。


R8170022.jpg-1


●仏教=弥陀の本願

仏教の教えのすべては、今日、一切経といわれるものに書き残されています。
それは七千余巻という膨大なお経の数です。
仏教に何が教えられているかを知るには、この一切経を余すところなく読んで、
正しく理解しなければなりません。
ところが難しい漢字ばかりのお経ですから、誰でも全部読めるものではありませんし、
理解できるものでもありません。
今日、世界の光と仰がれています親鸞聖人は、その一切経を何回も読み破られ、
「お釈迦さまの教えていかれたことは、これ一つなんだよ」と、
『正信偈』に次のように書かれています。

如来所以興出世
唯説弥陀本願海

「如来、世に興出したまう所以は、唯、弥陀の本願海を説かんがためなり」
と読みます。
「如来」とは、釈迦如来、すなわちお釈迦さまのこと。
「世に興出したまう所以はとは、「お釈迦さまが、この地球上に現れて仏教を説かれた目的は」
ということです。
「唯説」とは、「ただ一つのことを説かれるためであった」ということです。

七千冊以上のお経があり、四十五年間教えられた、と聞くと、
「お釈迦さまは、いろいろなことを説かれたのだろう」と思う人もあろうが、そうではない。
お釈迦さまの教えられたことは、たった一つなのだと、親鸞聖人は断言なされています。
一切経の99パーセント読んでも、こんな断言はできません。
後の1パーセントに何が書かれてあるか分からないからです。

R8170023


私たちは釈迦が教えられた、そのたった一つのことを聞けば、
仏教すべてを聞いたことになり、仏教のすべてを知ったことになるのです。
だから釈迦のただ一つ説かれた、そのことほど大事なことはありません。
親鸞聖人は、それこそ「弥陀の本願」である、とおっしゃっています。

弥陀の本願とは、「阿弥陀仏の本願」のこと。
阿弥陀仏という仏さまが本当に願っていられる御心は、大変広くて深いので、
海に例えて「本願海」と言われています。
弟子の使命は、先生の御心を正確に、一人でも多くの人にお伝えすること以外ありませんから、
お釈迦さまも45年間、自分の先生である阿弥陀仏の本願以外、
教えていかれなかったのだと断言されている親鸞聖人のお言葉に、
深くうなづかずにはおれません。
お釈迦さまが、阿弥陀仏の本願一つを明らかにされたように、
親鸞聖人の九十年の生涯も、阿弥陀仏の御心以外には、教えられたことはありませんでした。
では、その「本願」とは、どういうことでしょうか。


(世界の光・親鸞聖人アニメより)

6_bannen_shonin


●弥陀の本願とは

「本願」とは、「誓願」ともいわれるように「約束」のこと。
ですから「阿弥陀仏の本願」とは、本師本仏の阿弥陀仏のなされているお約束のことです。
阿弥陀仏は、次のように誓われています。

(弥陀の十八願)

設我得仏 十方衆生
至心信楽 欲生我国
乃至十念
若不生者 不取正覚
唯除五逆 誹謗正法

我を信じよ
どんな人も必ず救う
絶対の幸福に

約束には必ず相手があります。
弥陀のお約束の相手を、「十方衆生」、すなわち「すべての人」とおっしゃっています。
この中に入らない人は一人もありません。
男も女も、老いも若きも。
才能の有無、健常者・障害者、人種や職業・貧富の違いなどとは関係なく、
どんな人とも約束する、と誓われているのです。

では、どのような約束をなされているのでしょうか。
約束で一番大事なのは、その内容。
金銭の貸借で言えば、金額に当たります。
阿弥陀仏は、「絶対の幸福に、必ず救い摂る」
と誓っておられます。
「絶対の幸福」とは、「歎異抄」には「摂取不捨の利益」とか、
「無碍の一道」と書かれているように、絶対に崩れない大安心、色あせない大満足のことです。
その絶対の幸福に、平生ただ今、必ず救い摂ってみせると誓われているのが、
弥陀の本願なのです。

私たちは、何のために生まれてきたのか、どこへ向かって生きているのか、
なぜ苦しくても生きねばならないのか、全く分かりません。
親鸞聖人は、「この世で阿弥陀仏の本願により、絶対の幸福に救い摂られ、
死ねば弥陀の浄土へ往って、弥陀と同じ仏に生まれることである。」と教えています。

仏教とは、「阿弥陀仏が我々を救おうと完成された南無阿弥陀仏の六字の名号には
どんな働きがあるかの解説書」とも言われます。
お釈迦さまは、阿弥陀仏が衆生を救おうと立ち上がられなかったら、
人間界に現れることはありませんでした。
救いがないのに、全ての人類は地獄に堕ちると教えても意味がないからです。
阿弥陀仏がおられてこそ、お釈迦さまが現れましたので、
よくよく阿弥陀仏とお釈迦さまとの関係を知っていただきたいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

阿弥陀仏が我々を救おうとしてどれほど苦労されたかについて書いてある記事です。
後半部分がその部分です。

人類はみな病人、阿弥陀仏は医師!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。