So-net無料ブログ作成

真実の仏教を説く先生は数百年に一人ですが、現在その先生が富山におられます。先生の書物によって皆さんに仏縁を結んでもらい、後生の一大事の解決の入り口になればと思います。

このブログは、作り話を載せているのではありません。
死ねばどうなるか、ハッキリしていませんよね。
もしかしたら、死後は苦しみの世界になるのではないかと
誰もが考えることはあると思いますが、
お釈迦さまは『大無量寿経』で、ズバリ、「必堕無間(地獄)」と教えています。
我々には想像できないほどの大苦悩を受ける世界に
気の遠くなるほどの長年月、堕ちねばならないと説かれているのです。
それは何故か、そしてどうすればそれを解決できるのかを教えるために、
お釈迦さまは地球にお出ましになられました。
このブログは読み飛ばさないことをお勧めします。
無知ほど恐いものはないのです。
(弥陀の本願を知らない、求めないこと自体、あまりに危険です。
人間として生まれて来た意味もわからないまま、畜生と同じ一生を終えますか!?
畜生は仏教を理解する知恵がないから六道輪廻し、永遠に苦しまなくてはなりませんが、
我々人間は弥陀の本願を聞思し、救われて極楽往生できる道があるのです。
だから人間として生まれたということはものすごいことであり、
ボーとして求めるものを求めずに過ごしてしまったら取り返しのつかないことなのです。)

           

自殺する者はなぜ愚かなのか。 [後生の一大事]

img_1008244_30229233_1.jpg1



仏教では自殺者は大バカ者と言われます。

ある日、釈尊(釈迦)が、托鉢の道中、
大きな橋の上であたりをはばかりながら一人の娘が、
袂へ石を入れているのを見られた。
自殺の準備である。
近寄られた釈尊は、やさしく事情を尋ねられた。

「お恥ずかしいことでございますが、
ある男と親しくなり、妊娠してしまいましたが、
その後、捨てられました。
世間の眼は冷たく、お腹の子供の将来を考えますと、
死んだほうがどんなによかろうと思います。
このまま、見逃してくださいませ。」

泣き崩れる娘を釈尊は、哀れに思いながらも、厳然と仰せられた。
「お前は何というバカ者なのか。
お前には譬えをもって教えよう。」


                                                  「ある所に、毎日荷物を満載した車を引かねばならない牛がいた。
牛は、なぜこんなに苦しまなければならないのか、
オレを苦しめるのは何かと考えた。
そのとき、この車さえなければ苦しまなくてもよいと思い当たったのだ。
ある日、猛然と走って、大きな石に車を打ち当てて、壊してしまった。
ところが牛の使用人は、やがて鋼鉄製の車を造ってきたのだ。
今までの車の何百倍、何千倍も重い。
牛は軽い車を壊したことを深く後悔したが、
後のまつりであった。
お前は、肉体さえ壊せば楽になれると思っているが、
死ねば地獄へ飛び込むだけだ。
お前には分からぬだろうが、
地獄の苦は、この世の苦しみぐらいではないのだ。」

釈尊は諄々と、地獄の苦しみを教えられました。
娘は初めて知る真実の仏法に驚き、
仏門に入って救われたといいます。

私たちの後生にも、
必堕無間」の一大事が待っています。
「必ず無間地獄という苦しみの世界に堕つる」
と仰った、経典の言葉です。
これを後生の一大事といいます。
なぜ私たちは地獄へ堕ちなければならないのか。
それは暗い心で、悪のタネまきしかしていないからです。

仏教の根幹は因果の道理
道理とは、三世を貫き(いつでもなりたつ)、
十方を普く(どこでも成り立つ)真理をいいます。
何万年後も、また宇宙のどこ行こうとも因果の道理は正しいのです。
因果とは原因と結果のことで、原因なしに現れる結果はありえない。
結果に対しては、必ず原因を追究するのが仏教である。

原因と結果の関係は、
善因善果 
悪因悪果 
自因自果
と釈尊は仰います。

善い行いをすれば必ず、善い結果が返ってくるが、
悪い行いには必ず悪い結果が引き起こる。
自分のやった行為は、善きも悪きも、自分に結果をもたらすから、
自業自得と言われるのです。
一息切れた後、堕ちねばならぬ地獄という悪果は、
間違いなく、我が身がまいたタネの結果です。

どんな悪のタネまきをしているか、
以下を参照してください。

人間のやる悪


そして後生の一大事を解決することが、
人間に生まれてきた目的です。
いかに苦しくても、自殺してはならない理由も、ここにあります。
年間、三万人前後の方々が自殺されます。
その数は2011年3月11日に起こった東北の大震災で
亡くなられた人々よりも一万人も多いのです。
尊い命を捨ててしまうのは、
「なぜ生きるか」の人生の目的を知らないからです。

天上天下、唯我独尊
「天の上にも、天の下にもこの宇宙で、
唯私たちに、たった一つの尊い目的がある。」
と釈尊は道破されました。

私たちも同じように、生きる目的を持っています。
後生の一大事を解決して、絶対の幸福に生かされることです。
宇宙の真理である因果の道理に従って、
悪しかできぬ自己を徹見せねばなりません。
後生の一大事の解決という大目的に向かってこそ、
一瞬の人生が、まことに意義のあるものになるのです。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 4

NO NAME

死んで地獄行くなんて分からないじゃん。牛は車を壊さないで、自分の肉体を壊せば楽になれたのかもね。
by NO NAME (2016-03-23 02:38) 

お名前(必須)

>1
心太のような記憶力w
by お名前(必須) (2016-03-29 16:36) 

dfjg

善い行いと悪い行いの境目はどうなるんだろう。
世の中にはグレーゾーンがある。
あるいはある集団にとって善い事が他の集団にとって悪いことは
どうなるんだろう。
by dfjg (2016-07-01 07:44) 

修行者

仏陀の弟子様も自死してますけど 仏陀は、悪と説いてません。自死について愚かではなく、自死するまでに至るその方の行いが、善行なのか悪行なのかは、説いてますけど。自死した方を大バカ者なんて 仏陀は、説いてません。
by 修行者 (2017-03-09 22:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0